スマートフォンの液晶画面割れ(ガラス割れ)修理
または 0422-27-2567 までお電話ください!
スマートフォン スマホの破損、故障、液晶画面割れの修理
0120-36-4976
または 0422-27-2567 までお電話ください!
スマホ修理情報検索
1-2-3スマホ修理情報検索
キャリアを選択
メーカーを選択
機種を選択
スマホ修理情報検索スマホ修理情報検索

スマートフォン(Android、iPhone)の容量不足時の対策と容量確認方法

「スマホの容量オーバーで、せっかく撮った写真が保存できない!」

「アプリをインストールしたいけど、容量が足りない…」

など、スマホの容量不足で困った経験がある方は多いはずです。

スマホのデータ容量を増やす一般的な方法としては、

  • 不要なアプリを定期的にアンインストールする
  • キャッシュや履歴を消去する

この2つが挙げられると思います。しかし、「これ以上、消去できるものが無いよ!」という方もいるかもしれません。

そんな方々のために今回は、AndroidとiPhoneそれぞれで簡単にデータ容量を増やす方法をご紹介します!

 

Androidスマートフォンの容量不足時の対策とは

Androidスマートフォンユーザーの方におススメな対策が、「microSDカードへのデータの移行」です!

microSDカードにデータを移行する方法は以下の3ステップです。

  1. 「設定」>「ストレージ」の画面を表示。
  2. 「その他」にある「SDカードへデータ転送」を選択。
  3. 移行したいデータの種類(写真、動画、ミュージックなど)を選択。

移行に少し時間がかかる場合がありますが、たった3ステップでAndroidスマートフォンの容量を増やす事ができます。

(※microSDカードには、容量別、スピード別で様々な種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。)

 

iPhoneの容量不足時の対策とは

iPhoneユーザーの方におススメなのが、「iCloudによるデータの同期」です!

「iCloud」とは、Apple社が提供するクラウドサービス(写真や動画など様々なデータをインターネット上に保存し、複数の端末でその保存したデータを利用できるサービス)の名前です。

iCloudの設定方法は以下の2ステップです。

  1. 「設定」>「Apple ID」>「iCloud」でApple IDとパスワードを入力。
  2. 「ICLOUDを使用しているAPP」から、iCloudで同期したいデータ(写真、メール、連絡先など)の種類を選択。

また、「iCloud Drive」を有効すると、「Pages」「Numbers」「Keynote」など同期したいデータの種類を増やすことができます。

iCloudの容量は5GBまで無料で利用することができ、追加容量として50GB(月額130円)、200GB(月額400円)、1TB(月額1300円)、2TB(月額2500円)を選ぶことができます。

 

AndroidスマホとiPhoneの容量確認方法とは

【Androidスマホの場合】

「設定」>「ストレージ」で確認することができます。

「内部ストレージ」がスマホ本体、Androidスマホに内蔵されているメモリーの容量のことです。

また、表示された画面を下方にスクロールすることで、上記したmicroSDカードの容量も確認することができます。

【iPhoneの場合】

「設定」>「ストレージとiCloudの使用状況」で確認することができます。

「ストレージ」がスマホ本体、iPhoneに内蔵されているメモリーの容量のことで、「ICLOUD」では、上記したiCloudの容量を確認することができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Android | iPhoneの最新記事