スマホのバッテリーを長持ちさせよう!

バッテリーは消耗品です。
毎日少しづつ摩耗していきます。
今回は、バッテリーとうまく付き合っていくために必要なことなどをご紹介いたします。

【バッテリーの寿命】

皆さんはスマホのバッテリーの寿命を知っていますか?

無機物でない限り寿命というのは必ず存在します。

使い方にもよりますが、スマホバッテリーの寿命は2~3年ほどと言われています。

バッテリーの消耗はスマホの充電回数の影響が大きいようです。

諸説ありますが、バッテリーは充電300~400回で7~8割程度消耗すると言われています。

上記のデータはあくまでも普通に利用した場合の結果ですので、ご注意ください。

というのも、皆さんはこんな使い方をしていませんか?

・充電しながらスマホを使っている

・充電残量が40%~50%ぐらい残っていても充電する

・Wi-Fiや位置情報を常にonにしている

・スマホの容量いっぱいまでアプリなどを入れている

・バックグラウンドでアプリを開きっぱなしにしている

・充電器に繋いだまま長時間放置している

上記の項目で複数個当てはまる方は注意が必要です。

ご紹介したことは全てバッテリー劣化を早める原因になります。

【バッテリー劣化によって引き起こされる不具合】

ここからはバッテリーの劣化によって起こりうる症状をご紹介します。

①充電されない

昨日までは充電できていたのに急に充電されなくなったという話をよくお客様からお聞きします。

充電ケーブルを何個試しても症状が改善しない場合は恐らくバッテリーの劣化だと思われます。

②スマホが熱を持つ

この症状は一概にバッテリーの故障だけが要因ではない場合もございます。

しかし大体はバッテリーが劣化して起こる症状です。

スマホは暑くなりすぎるとカメラアプリなどが使えなくなることがあります。

高温状態でアプリを起動しようとしても警告がでて強制終了してしまいます。

このまま放置していると基板にもダメージを与えてしまい最悪の場合データなどを消失させてしまう恐れがある症状です。

【バッテリーを長持ちさせるためにできること】

買ってから1年もたたずにバッテリーの減りが早くなってしまうのは、できれば避けたいところです。

ここからはバッテリーを長持ちさせるために何ができるのか紹介いたします。

①アプリのon、off

バックグラウンドでアプリが開いているとバッテリーの劣化は早まる可能性があります。

アプリを使わないときはなるべく終了するようにしましょう。

Wi-Fiや位置情報などもonにしていると勝手に通信してバッテリー消費を早めるので、こちらも使わない時はoffにしておいてください。

②充電しながら使用しない

これは当たり前のことのように思えますが、やっている方は多いはずです。

充電中はなるべくスマホを使うのは控えましょう。

 

【まとめ】

スマホを長く使うためにバッテリーへの負荷を最小限にして楽しいスマホライフを送りましょう(*’ω’*)

スマホステーションUNiCASE錦糸町パルコ店

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!