【スマホ】水没対策

こんにちは!スマホステーション錦糸町店です。
今回は水没対策グッズのご紹介です。

【スマホを水没から守れ!】

毎日スマホを使っている私たちですが、日常生活の中で水回りにスマホを持ち込むこともあると思います。

洗面所やお風呂、キッチン回りなども意外と水が飛びやすいですよね。

中にはトイレに持ち込む方もいるのではないでしょうか?

そう考えると私たちの周りには水がそこらかしこにあります。

常にスマホは水没の脅威にさらされているようです(;´・ω・)

防水仕様を謳っているスマホは数多くありますが、果たして絶対に水から守ってくれるのでしょうか?

答えはNOですΣ(・ω・ノ)ノ!

いくら防水機能が備わっていようとスマートフォンが精密機器であることに変わりはありません。

精密機器には必ず基板という大事な核の部分があります。

核の部分には、みなさんの大切なデータが記録されています。

そこに水が浸入すればデータを失うことに繋がるかもしれません。

ここからは、いざという時にスマホを水没から守ってくれるアイテムをご紹介したいと思います。

①防水ケース

初めに紹介するのは、お風呂で動画を見たりや読書をする方にうってつけの防水ケースです。

お風呂以外でも突然の大雨の中で活躍すること間違いなしのアイテムとなっています。

デメリットを上げるとすれば、スマートではなくなるところでしょうか(´・ω・`)

その点が気になる方は、防水仕様のスマホケースがあるようなので、そちらで防水対策するのがいいかと思います。

②防水シール

上で紹介した防水ケースに比べると防水力は劣りますが、水没のリスクを少しでも減らしたいのなら、おすすめのアイテムです。

シールは透明なので画面もきれいに見えます。

シリコン製のスマホケースであれば一緒に使えるのも魅力です。

注意してほしいのは、防水シールは水没に強くするためのシールであって衝撃などを防いでくれるものではありません。

その点をしっかり理解したうえで利用しましょう。

③防水コーティング

防水コーティングとはスマホの表面に撥水性の薄い膜をつくることで、水濡れからスマホを守ってくれるというすごいアイテムです。

このコーティングであればスマホに防水アイテムをつけてる感がないので、ナチュラルにスマホを使用することができます。

しかし、ナチュラルだからこそ他で紹介したアイテムより格段と防水効果は落ちています。

ないよりはマシぐらいに考えていただければと思います。

まとめ

3個のアイテムを紹介しましたが、一番の対策は水回りにスマホを持ち込まないことだと思います。

どうしても、お風呂などで使いたい方は紹介したアイテムを試してみるといいかもしれません(‘ω’)ノ

スマホステーションUNiCASE錦糸町パルコ店 店舗情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!