【Android】Playストアでのエラー対処方法

【Android】Playストアでのエラー対処方法
Android端末のGoogle play ストアは、iPhoneのAppStoreのように端末を使う上でなくてはならない存在ですよね。

そこで今回は、Playストアがエラーを起こして、アプリがダウンロード・インストール・アップデートできない時の対処法を、いくつかご紹介します。

1、Playストアのキャッシュとデータを消去

設定から、「アプリケーション>アプリケーションの管理」と進み、
『Google play ストア』をタップ。
「データの消去」を実行します(これでキャッシュも消えるはずです)。

次に『ダウンロードマネージャー』のデータも消去します。
済んだら、もう一度アプリのダウンロード・インストールを試してみてください。

2、アップデート前にSDカードのマウントを解除

デバイスをスピードアップさせるためにアプリを全部SDカードへ放り込んでいると、エラーの発生率がさらに上がるようです。
SDカードに移行しても問題ないとされているアプリや、自動的にSDカードへインストールされるアプリでもエラーは起こるようなので、『App 2 SD 』を利用していない方も要注意です。

これに対処するには、アプリをアップデートする前にSDカードのマウントを解除しましょう。

設定から、「SDカードと本体のメモリ」へ飛び、「SDカードのマウント解除」をタップ。解除が済んだら、アプリの再アップデートに挑戦してみてください。

ダウンロードページに目的のアプリがない場合は、Playストアを探すことになりますし、SDカードへ移行させたい場合はその手間もかかりますが、多くの場合これで解決します。

3、マーケットのアップデートをアンインストール

設定から「アプリケーション>アプリケーションの管理>すべて>マーケット」と進み、
「アップデートのアンインストール」をタップします。
あまり出番のない方法かもしれませんが、これで問題が解決したユーザーもいるようです。
4、アプリをアンインストール・再インストール

PCでもよく使われるスタンダードな方法です。
「アプリケーション>アプリケーションの管理」から、エラーの発生するアプリケーションをアンインストールし、マーケットから再びダウンロードしましょう。

5、モバイルデータのバックグラウンド制限

3G通信でPlayストアからダウンロードできなくなる。ということがまれにあります。

「設定」→「データ使用」のところを見てみましょう。
「メディア」のバックグラウンドデータ制限にチェックを入れていると、3G通信でPlayストアからダウンロードできなくなるようです。

ご参考になったでしょうか?
もし、試してみてもエラーが続く!という方はスマステへご相談くださいね(^-^)/
スマホステーションTOPページはこちら
スマステスタッフブログ他の記事はこちら

smapho station
スマホステーション

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー