iOS6から追跡型広告に制限をかけられるようになりました

追跡型広告とは閲覧したサイトの広告が別のサイトに移動した時にも表示される仕組みの広告手法です。
例えば旅行代理店のサイトでツアーを検討している顧客が、
予約をせずに別のサイトに移動した場合、
訪問先のWebサイトでも同様のツアーの広告を表示させることが可能なんです。

追跡型広告 とは – コトバンク

iOS6にはこの機能に制限をかけて表示しないようにする「Ad Tracking制限」機能があります。
同じ広告を何度も見せられることがイヤな人は、ぜひ設定しておきましょう。

設定→一般→情報と進んで、画面を下にスクロールするとアドバタイズという項目があります。

Ad Tracking制限をオンにすると追跡型広告が表示されないようにすることができます。

何度も同じ広告を見たくないという方は是非お試し下さい。

smapho station
スマホステーション

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー