[iPhone]修理に使用するパネルの品質の差

iPhoneの画面交換修理!品質に違いがでるのか?

iPhoneの画面が割れてしまった!

という経験がご自身やご友人にある方が多いと思います。

そんな時に皆様が心配される部分が「修理パーツの品質」です。

「画面交換をするなら正規店?」

「画面交換するとスペックが下がるの?」

と思われる方がいらっしゃいます。

確かに非正規のお店では品質が劣る「互換パネル」という画面があります。

ですがご安心ください!

町の修理屋でも「純正品と同等なパネル」を取り付けることは可能です。

iPhoneの画面交換における品質の差の内容

「互換パネル」「純正品同等パネル」があることは分かったが、何が違うのかまだ分かりませんよね?

簡単に説明しますと、互換パネルはお安く修理できるように製造されているパーツです。

そのため品質を落としてあります。

純正品同等パネルはいつも使用していたパネルとほとんど変わりありません。

iPhoneの画面交換における品質の差:明るさ・色合い

互換パネルはお安く仕上げる過程で明度や解像度があまり高くありません。

そして、少し画面が青く光る特徴があるため画面の映り具合にも違いがあります。

写真や動画などをよく見られる方にとっては大きな変化になると思われます。

iPhoneの画面交換における品質の差:タッチ感度

互換パネルのタッチ感度は純正品と比べると落ちてしまいます。

「タッチができなくなる!」という訳ではありません。

FPSゲームやリズムゲームなどの早いタッチや精密さを求められるゲームだと感じやすい変化です。

普通に使用している分には影響はあまりありません。

iPhoneの画面交換における品質の差:耐久性

純正品の画面は画面が割れたとしても、ある程度の操作が可能な場合が多いです。

比べて互換パネルの場合、ガラスが割れてしまった時に不具合が出る可能性が高いです。

具体的な不具合というのは、タッチができなくなる・勝手に反応してしまうという2点です。

また画面交換をすれば改善できる症状ではありますが、修理するまでは使用が難しいかもしれません。

iPhoneの画面交換における品質の差:互換パネルのメリット

ずばり「お値段が安く修理できる」この一つになります。

・もう買い替える予定がある

・バックアップを取るだけなので操作できればOK

上記の場合は互換パネルを付けても支障がないと思います。

まとめ

iPhoneは修理すればまた長い間使用していくことができます。

バッテリー交換を行えば更に使用期間を延ばすことも可能です。

お客様のニーズに合わせて修理をさせていただきますので、お悩みの方は修理スタッフへ相談してください。

修理スタッフならではの観点でご説明やアドバイス等をさせていただきます。

iPhoneの画面修理でお困りの際はスマホステーションUNiCASE錦糸町パルコ店までお越しください。

 

スマホステーションUNiCASE錦糸町パルコ店 店舗情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー