[iPhone]リカバリーモードって何?どうやって解除するの?解説します。

リカバリーモードとは?

簡単に説明すると「iPhoneのシステム的トラブルが起きた際に使用するモード」のことを指します。

iPhoneのiOSを最新バージョンに更新し、プログラムのエラーから復旧させるために必要なモードです。

リカバリーモードにするためにはiPhoneの端末があれば可能ですが、そこからの復旧作業にはパソコンが必要になってきます。

リカバリーモードを使用する時はどんな場面?

ガラス割れや液晶破損、充電ができないなどの不具合の際は使用しません。

先ほどのもご説明した通り「iPhoneのシステム的トラブルが起きた際に使用するモード」です。

iPhoenのシステムトラブルと言われてもあまりピンとこない方が多いと思います。

そこでリカバリーモードを使用する代表的な場面を紹介します。

iPhone のパスコードを忘れてしまい操作できない

スマホステーションではこのトラブルのお問い合わせはよくいただきます。

パスコードが分からない状態で10回入力を間違えてしまうと、「iPhoneは使用できません」と表示されます。

こうなってしまうとappleや私たちのような修理店ではどうすることもできません。

この場合、初期化することができればまた端末として使用することはできます。

ですが、操作できない状態になってしまうため初期化をすることもできません。

そんな時リカバリーモードを起動することによって、初期化を行うことが可能になります。

Apple マークが表示されるがその状態から動かない

このトラブルもスマホステーションでは多く問い合わせされています。

起動してもリンゴのマークだけ表示され続けるトラブルです。

通称「リンゴループ」と呼ばれ、多くのiPhoneユーザーを苦しめています。

OSの不具合でリンゴループが起きてしまうことがほとんどですが、極たまに取り付けてあるパーツが原因であるときもあります。

不具合が起きてしまう原因は様々ありますが、リカバリーモードを使用することでデータそのままで復旧することがあります。

iOS アップデート中に問題が起こり自動的にリカバリモードに

iOSはapple独自のOSのため頻繁にOS更新が行われます。

OS更新の方法はパソコンかwifiどちらかに繋げて作業できます。

OSの更新途中で問題が起きやすいのはwifiでの更新時になります。

パソコンで更新する際は有線で繋がっているため、途中で途切れたり止まることが基本ありません。

しかし、wifiの場合は途中で通信が途切れてしまう時があります。

外出中にフリーwifiなどで行うとリスクも高まります。

OSの更新が失敗してしまうと自動的にリカバリーモードになっている場合があります。

リカバリーモードにするためのコマンドを間違って入力してしまった

リカバリーモードにするためには「機種ごとに決まったコマンド」を入力しないと起動しません。

ですが、間違ってそのコマンドを入力してしまいリカバリーモードになってしまうケースがあります。

リカバリーモードの解除はパソコンがないとできないため、その場での解除は難しいです。

リカバリーモードにする方法とは?

iPhoneをリカバリーモードにするためには”とあるコマンド”を入力する必要があります。

また機種によってはコマンドも異なるため、複数ご紹介します。

iPhone6s以前の端末

iPhone6s以前の端末でリカバリーモードを起動する場合は、ホームボタンとiPhone上部にある電源ボタンを同時に押します。

画面にリンゴのマークが表示されてもそのまま押し続けます。

パソコンとケーブルの絵が表示されればリカバリーモードになっています。

iPhone7系の端末

iPhone7系の端末でリカバリーモードを起動する場合は、音量を下げるボタンと電源ボタンを長押しします。

iPhone6以前の端末と同様にリンゴのマークが表示されてもそのまま押し続けます。

その後パソコンとケーブルの絵が表示されればリカバリーモードになっています。

iPhone8、X、Xsその他最新機種などの端末

ご紹介する方法がiPhone7系と少し似ているのですが、少し違います。

リカバリーモードを起動する場合は、まず音量を上げるボタンを押します。

その後指をすぐ離し、音量を下げるボタンを押します。

そしてすぐにボタンから指を離し、電源ボタンを長押しします。

これまでと同様にリンゴのマークが表示されてもそのまま押し続けます。

その後パソコンとケーブルの絵が表示されればリカバリーモードになっています。

リカバリーモードの解除方法とは

基本的にはパソコンを使いiTunesに接続させ、アップデートさせる必要があります。

注意すべき所は「復元」「工場出荷状態」などの選択肢を選ばないことです。

あくまでも「更新」「アップデート」などの選択肢に進むようにしてください。

パソコンなどをお持ちでない方は端末の強制終了・強制再起動を試してみてください。

もしかすると解除できるかもしれません。

まとめ

リカバリーモードに関しての知識は知っておくだけでも役に立ちます。

上記にも書いた通り、修理技術がなくても対応可能なトラブルです。

ですが、上記の対応をとっても「リカバリーモードにならない」「リカバリーモードから抜け出せない」という方がいればスマホステーションまでお持ち込みください。

間違った対応を取ってデータを消してしまうと、データの復元などはかなり難しくなります。

我々修理スタッフはこのようなトラブルを何件も解決してきましたので、お力になれるかもしれません。

リカバリーモードに関してお困りの方がいれば、是非スマホステーションまでお越しください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー