iOS6からの機能、プライバシーの設定

いろいろと不具合があると噂のiOS6ですが、iOS5にはない機能もあります。
アプリごとに位置情報や連絡先などプライバシーに関わる部分の利用を制限するように設定が出来るようになりました。
今日はその内の位置情報の設定方法をご紹介します。

設定→プライバシー→位置情報サービスと進みます。
プライバシーに進んだ時点で設定出来る項目が表示されますので
設定したい項目を選んで下さい。
位置情報サービスに進むとiPhoneにある位置情報を利用するアプリの一覧が表示されます。
制限したいアプリをオフにしましょう。

また、位置情報サービスそのものをオフにしてしまうのもいいでしょう。
余計な通信をしないですむのでバッテリーの残量の節約にも繋がります。

smapho station
スマホステーション

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー