意外と知らないタッチパネルのあれこれ | スマホ修理・高額買取ならスマホステーションへ!

スマートフォンの液晶画面割れ(ガラス割れ)修理
または 0422-27-2567 までお電話ください!
スマートフォン スマホの破損、故障、液晶画面割れの修理
0120-36-4976
または 0422-27-2567 までお電話ください!
スマホ修理情報検索
1-2-3スマホ修理情報検索
キャリアを選択
メーカーを選択
機種を選択
スマホ修理情報検索スマホ修理情報検索

意外と知らないタッチパネルのあれこれ

スマホタッチ画像

皆さんの持っているスマートフォン。タッチするのが当たり前になった今ですが、そもそもなぜ触れると反応するかご存じですか?

今回はタッチパネルについてあれこれご紹介します。

タッチパネルは、なぜ触れると反応するの?

タッチパネルの表面にはわずかな静電気で覆われていて、触れると静電気が指に吸い取られます。
どこの静電気が吸い取られたか、センサーが読み取ってタッチされた場所を特定し、操作が実行されます。
なので、パネルに触れてというよりは、静電気に触れたことで反応するといった方が正しいかもしれません。
スマートフォンを普通のペンや爪で触れても反応しないのは、指と違って電気を通さないからです。

この静電気を利用したタッチパネルのことを「静電容量方式」といいます。

タッチの仕組み画像

「静電容量方式」以外は?

「抵抗膜方式」があります。

この「抵抗膜方式」は、2枚の膜の間に電流が通っていて、
指で触れると膜と膜がくっついて電流が通ったところをセンサーが読み取ってタッチされた場所を特定し、操作が実行されます。

この「抵抗膜方式」を採用しているスマートフォンの多くは、マルチタッチが出来ないのが特徴です。
(マルチタッチとは、親指と人差し指を同時にタッチし、指を広げて写真を大きくしたり小さくしたりする操作のことです)

「抵抗膜方式」は触れたときの強弱を感じ取るという特徴があり、ゲーム機でも採用されています。
皆さんのよく知っている「ニンテンドーDS」が同方式のタッチパネルを採用しています。

タッチパネルが反応しない原因

タッチパネルが反応しない原因として大きく分けると、
・水没、落下による故障
・タッチパネルが汚れている
・指からタッチパネルへ通電できない状態にある
と、こんな感じでしょうか。

水没、落下による故障

スマホ水没画像

スマートフォンやタブレットはたくさんの機能を詰め込んだ「小さなコンピュータ」であり、「精密機械」です。
水没、落下によりタッチパネルを制御する機能が壊れる可能性があります。
「ときどき動作しない」ということであれば、別の原因である可能性があります。

タッチパネルが汚れている

タッチパネル汚れ画像

単に汚れている、手あかだらけになっているという状態はタッチパネルが認識する電気を妨げる原因となります。
タッチパネルは通電器なので、水拭きはよくありません。必ず乾いたもので拭いてください。眼鏡クリーナーなどの布がおすすめです。
ティッシュは画面を傷つける恐れがあるのでおすすめできません。

指からタッチパネルへ通電できない状態にある

タッチパネルつけ爪画像

手袋をしている、爪でタッチしようとしている場合にあたります。
最近では通電できる指先がついている手袋や、つけ爪に小さなチップを入れることでタッチパネルを操作できるようにするアイテムが増えています。
タッチペンだけでなく、上記のようなアイテムを使うのもいいかもしれません。

あとがき

タッチパネルについては理解できたでしょうか?
上記にも記載しましたが、スマートフォンはたくさんの機能を詰め込んだ「小さなコンピュータ」であり、「精密機器」です。
パソコンに気を使うのと同じくらいスマートフォンにも気を使ってあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で