iPhoneの近接センサーって何?その役割と動作確認方法をご紹介します!

iphone近接センサーの機能

iPhoneの近接センサー機能は、普段はあまり気にもとめない、地味な機能なのですが、実は、スマートフォンを使用していく上で、非常に重要な機能になります。

iPhoneの近接センサーの役割とは

ではその近接センサーとは・・・通話中に画面をoffにしてくれる機能です。

スマートフォンは、ほとんどが、タッチパネルのため、この近接センサーが使えないと通話中に、画面に顔が触れてしまうとボタンを押してしまうということが起きます。

場所によっては、突然通話をきってしまうこともあります。

この近接センサーですが、iPhoneでは、たびたび初期不良などがおこっていて、APPLE社もiPhone4の近接センサーの不具合を認め、ソフトウェアのアップデートなどで、対応していました。

私も、iPhone3Gの使用時に近接センサーの不具合が起きていました。

ただ、この近接センサーですが、通話中は、画面を見ないため、エラーになっているのかどうかが認識しづらいです。

場所は受話スピーカーの上にあります。

iPhone4 iPhone4Sのホワイトモデルですと、その部分が黒くなっているので分かりやすいと思います。

テストする際は、留守番電話などの確認の通話をし、その際に近接センサー部分を手で押さえてみてください。

ちゃんと画面が消えたらOKです。

iPhoneの近接センサーの動作不良の場合の対処法

もし消えない場合は、保証期間内でしたら、APPLEストアに相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

保証期間が過ぎた、もしくは、どうすれば良いのか相談したい場合は、スマホステーションまでお尋ねください。
対処法から、修理修正方法まで、ご案内させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー