スマホ修理の裏事情 Part2

3回に分けてご紹介をしています。

スマホ修理の裏事情

Part1 どんなことをしているのか?

Part2 どのぐらい練習すればできるようになるの?

Part3 簡単な作業や難しい作業はあるの?

今回は、

Part2 どのぐらい練習すればできるようになるの?

になります。

前回は、修理作業ってどんなことをしているのかという切り口で、

スマホステーションが普段おこなっている業務をご紹介しました。

今回は、スマホ修理ができるようになるには、

どのぐらいの練習が必要かをご紹介します。

修理作業には、得手不得手があるので、

練習時間は、一概に何時間と言えませんが、

スマホステーションでは、約2週間ぐらいの練習をおこなっています。

スマホステーションでは、各機種各作業ごとに下記のような

マニュアルが用意されています。

この基本マニュアルの他に、

作業ごとの注意事項スタッフの気づきや問題点を

投稿して共有するためのデータベースが準備されています。

練習は、まず、基本となる分解組立作業をマニュアルと

実演によるレクチャーをおこない、

注意点や作業内容を確認していきます。

作業ごとの設定時間があるので、それをクリアできるか?

早く修理ができても、コネクタの接続やネジ締めがしっかりできているか?

修理後の動作確認で問題がないか?

など、細かくチェックしていきます。

そういったことをクリアしていって、

初めて修理作業ができるようになります。

ところが・・・練習と実践は違うんですね。

私も、何十回と練習をして、マニュアルを見なくても

修理できるまで上手になったつもりでいましたが、

初めて、お客様のスマホを修理するときは手が震えました。

練習とは違う責任感の重さ

時間に対するプレッシャー

失敗に対するプレッシャー

ハッキリいって、頭がまっ白になりました。

でもすごく良い経験でした。

ネジ回しすらおこなった経験のない方には、

大変な作業ですが、マニュアルどおり行っていけば、

皆さんできるようになります。

そして、上手くなるために一番大切なことは、

修理して笑顔になったお客様のことを想像して、

この作業を楽しむことです。

そうすれば、必ず上手になります。

ご自分で修理してみたいときは、どうすればいいのか?

何の練習もせずに、ご自分で修理すると

壊してしまう確率が高くなってしまいます。

実は、修理作業には、簡単な作業と難しい作業があります。

次回は、その辺りをご紹介しますね。

待ちきれない方は、お店のスタッフに

「○○を自分で修理しようと思っているのだけど、

どこを気をつければいいですか?」

とお尋ねくださいね。

ご質問は、いつでも大歓迎でお待ちしております。

次は、

Part3 簡単な作業や難しい作業はあるの?

を掲載していきますので、お楽しみに!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー