【九州】【熊本】【大分】無料Wi-fiの提供、無料充電サービスについて

各キャリアの公衆無線LANサービス 無料開放

1.NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの公衆無線LANサービス

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの各キャリアでは、平成28年熊本地震の被災地において、各社が提供の公衆無線LANサービスのアクセスポイントを無料開放しています。

SSIDは「00000JAPAN」(3社共通)。各キャリアの契約者に限らず誰でも利用可能です。

2.NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTT-BP)

またNTTブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTT-BP)でも、

熊本・大分・宮崎・鹿児島の無料公衆無線LANサービスを「災害モード」に移行済、利用登録手続き無しで利用可能です。

3.熊本県内の避難所36カ所の無料公衆無線LANについて

また、熊本県内の避難所36カ所において、災害時の無料公衆無線LANの統一SSID「00000JAPAN」でアクセスポイントを設置しています。

NTT-BPでは、こうした無料公衆無線LANサービスや、避難所に設置された無線LAN、NTTドコモ株式会社がSSID「00000JAPAN」で無料開放しているサービスの提供エリアについて、具体的な場所を示したウェブマップ「九州地方 公衆無線LAN稼働状況」も案内しています。

このたびの地震により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー