中古スマホの買う時の白ロム、黒ロム、赤ロム、シムフリーとは何が違うの?

中古スマホの買う時の白ロム、黒ロム、赤ロム、シムフリーとは何が違うの?:タイトル画像

中古スマホの買う時の白ロム、黒ロム、赤ロム
シムフリーとは何が違うの?

こんにちはサルヤです。

スマホを中古で購入しようと思ったときに、聞きなれない言葉を耳にしたことがありませんか?

白ロムとか黒ロムとか赤ロムとか中古スマホとかシムフリーとかいう様々な呼び名です。

中古スマホをショップなどで購入する方は、見かける機会が少ないと思いますが、インターネットなどでスマホを購入しようと考えると、白ロム、黒ロム、赤ロム、シムフリーって言葉がよく出てきます。

欲しいスマホの機種を選ぶ前に、確認しておかなければならない言葉なのですが、普通にキャリアショップでスマホを購入するとまったく聞いたことがない言葉なので躊躇してしまうかもしれません。

そこで、今回は、中古スマホを買う時に白ロム、黒ロム、赤ロム、シムフリーって呼ばれるのは何が違うの?をご紹介させていただきます。

0.説明のその前に、「ロム」とは?

ご説明に入る前に、最初にわかりやすく申し上げておきますが、白ロム、黒ロム、赤ロムといわれる「ロム」とは何のことかというと、携帯電話の基板のことをさしています。

簡単に言うと、ロムの色は携帯電話に電話番号を直接書き込んでいる状況のことを区別して言います。

ところが、携帯電話からスマホになってからは、シムカードに電話番号などの情報を書き込み、シムカードを移動させることによって、携帯ショップで電話番号の登録をしてもらわなくても使用できるようになりました。

したがって、現在は、白ロム、黒ロム、赤ロムなどのロムの状況が変化することはないのですが、スマホになっても同じような状況が存在するため、今でもロムという言葉を使用しています。

1.白ロムのスマホとは?

1-1 白ロムスマホとはどんなもの?

白ロムスマホとはシムカード入ってないスマホのことを言います。

キャリアとの契約をしていない、中古で販売されているスマホはほとんどが白ロムスマホといわれるものです。

ただし、前の利用者がスマホの支払いを途中でやめてしまって、残債が残ってしまう赤ロムスマホ(後で説明します)もありますので、中古スマホのすべてが白ロムでないとだけ認識しておいてください。

1-2 白ロムスマホの購入方法

街の中古ショップやインターネットのショップなど、ちゃんとお店として販売しているものは、白ロムになると思います。

途中で、赤ロムなどに変わり、利用できなくなってもお店が責任をもって交換などの対応をくれることがあるので中古スマホの購入前に確認をしておくとよいでしょう。

1-3 白ロムスマホの購入で気を付けること

ネットオークションや集合サイトで販売している中古スマホには、白ロムでないものがあります。

白ロムスマホのご説明でもご案内しましたが、分割で購入したスマホの支払いが途中で止まってしまって赤ロムとなってしまったものです。

また、白ロムスマホでも利用制限が△となっていて、何かのきっかけで赤ロムスマホになる可能性のあるものがあります。

中古スマホを販売しているお店では、通常、スマホの利用制限は明記されていますが、個人売買や出品サイトでは明確になってない場合もあります。

街の中古スマホのお店であっても、利用制限が明記してないお店で購入するのは、あまりお勧めできません。

2.黒ロムのスマホとは?

2-1 黒ロムスマホとはどんなもの?

黒ロムとは、携帯電話が契約中で基板に電話番号の情報が書き込まれていて使用中の状態を黒ロムといいます。

この黒ロムの状態は、契約しているキャリアショップに行かないとロムの書き換えをしてもらえないので、人に譲ったり他の電話番号で使用したりできない状態です。

しかし、スマホの場合は、古い一部の機種を除いてすべてシムカードを差し込んで使用するようになっています。

したがって、キャリアショップまでもっていって電話番号の書き換えする必要がなく黒ロムの状態のスマホはないと言えます。

スマホ自体には黒ロムという状態はないですが、シムカードに電話番号が入るので、現在は黒シムという呼び名が残っています。

ちなみに電話番号が入ってないシムカードを白シムという呼び名をします。

2-2 黒ロムスマホの購入方法

ごく一部のシムカードの差し込みができない中古スマホで黒ロム状態を購入できると思いますが、使用するために、いちいちキャリアショップに行って手数料を払って設定してもらわなければならなく、人に譲ってもあまり喜ばれないと思いますので、あえて黒ロムスマホを購入する必要がないと思います。

2-3 黒ロムスマホの購入で気を付けること

黒ロムスマホの購入で気を付けるというよりは、黒ロムスマホを購入しないように気を付けた方が良いです。

中古スマホを購入する時にシムカードのサイズの記載があると思います。

現在は、Nomal SIM / micro SIM / nano SIM の三種類があります。

このシムカードのサイズの記載がない場合は、中古スマホを購入する店舗で、どのサイズのシムカードを使用するのか確認をとってみると良いと思います。

もしかすると、シムカードなしのスマホの可能性もありますのでお気を付けください。

3.赤ロムのスマホとは?

3-1 赤ロムスマホとはどんなもの?

赤ロムスマホとは、分割で購入したスマホの支払いが何らかの理由で停止してしまって、契約していたキャリアより通信利用制限がかかってしまったスマホになります。

つまり、簡単に言うと、シムカードを入れて電話やインターネットなどの利用ができないスマホになります。

シムカードを利用したインターネット接続はできませんが、Wi-Fi接続を利用したインターネット通信はできます。

モバイルWi-Fi端末を持っている方は、Wi-Fi接続で利用できると思います。

また、音楽プレーヤーとしては利用できますので、iPhoneが赤ロムになったら、iPod touchと同じになったと考えていただくとわかりやすいと思います。

3-2 赤ロムスマホの購入方法

赤ロムスマホは、通常、中古スマホショップなどでは販売していないです。

ネットオークションや個人売買では見かけることがあります。

赤ロムスマホは、ジャンクスマホになってしまうので、普通のお店では見つけられないと思ってください。

3-3 赤ロムスマホの購入で気を付けること

赤ロムスマホの購入で気を付けることですが、まず大前提として、シムカードを入れて電話やインターネットなどの利用はしないもと理解して購入してください。

一旦、赤ロムスマホになってしまうと、その後に白ロムスマホになることは、まず、無いです。

普通に白ロムスマホを購入しようと思って、妙に金額が安かったら、赤ロムスマホの可能性を疑ってみてください。

4.シムフリースマホとは?

4-1 シムフリースマホとはどんなもの?

シムフリースマホは、docomo、au、Softbankに関係なくどこの通信キャリアのシムカードでも利用できるスマホになります。

どこのシムカードでも使えるので、シムフリースマホといいます。

シムフリースマホは、白ロム、黒ロム、赤ロムとは、定義が違うものになりますが、今回のお話でいうと、絶対に赤ロムスマホにならないものとお考えください。

今まで、日本でスマホを購入する場合、docomoかauかSoftbankの通信キャリアを選んでからスマホのモデルを決めていたと思います。

この通信キャリアのスマホを購入する際に、分割ができるようになったので、支払いが途中で止まってしまった場合のペナルティーで、そのスマホに通信利用制限をかける赤ロムスマホが生まれました。

ところが最近は、格安プランを売りにするフリーテルや楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルなどの通信キャリア会社たくさん出てきました。

利用者は、今までのように通信キャリアから選ぶのではなく、好きなスマホを決めて、その後に使い方に合わせたスマホを選ぶようになってきました。(日本が特殊で海外では、ほとんどがこの形態になります)

自由に通信キャリアを選ぶのに便利なシムフリースマホが人気になってきたので、最近よく耳にするようになったと思います。

4-2 シムフリースマホの購入方法

今までは、シムフリースマホを購入する時は、海外から輸入している業者か個人輸入を行って購入する方法がほとんどでした。

しかし最近は、国内で格安プランのスマホを販売する通信キャリアが増えてきてシムフリースマホは普通お店で購入することができるようになってきました。

シムフリースマホで探せば、インターネットで街の中古スマホショップでも見つけることができると思います。

ただ、購入価格は、同じモデルのdocomo、au、Softbankのモデルがあった場合に割高になると思います。

4-3 シムフリースマホの購入で気を付けること

まず、シムフリースマホと白ロムスマホは全く別物ということをお気を付けください。

実は、私もよくわかってなかった時期があり、5年ほど前に海外に行くときに、現地のシムカードを契約してスマホを使おうと思って、シムフリースマホのことだと思って、白ロムスマホを購入して、結局、使えなかった記憶があります。

それともう一つ、新品のシムフリースマホを輸入業者や個人輸入で購入する時は、メーカーの保証が使えない可能性を考慮しておいてください。

海外で購入したスマホは、日本のメーカーのものであっても保証対象外になることがあります。

今回は、「中古スマホの買う時に白ロム、黒ロム、赤ロム、シムフリーって呼ばれるのは何が違うの?」をご案内しました。

どこかで、言葉は聞いたことがあるけど実際は、どんなものなのわかってない方がいらっしゃると思います。

実は私も、黒ロムスマホという言葉は、今回この記事を書くことによって知りました。

偉そうに、知ったかぶりをして説明しておきながらお恥ずかしいです(^^;

シムフリースマホのことを、便利でよさそうに書きましたが、利用する通信キャリアが決まっている場合は、その通信キャリアの出しているスマホを購入した方が、スマホの代金の割引があり、ほとんど費用負担がないような特典がある場合もありますので、その辺はよくご検討ください。

何か、ご不明な点がありましたら遠慮なくご相談ください。

■ 記事の作成者の紹介 ■

ブログ作者:サルヤ画像

作成者:サルヤ

趣味:新しいガジェット集め、バイク乗り、アニメ鑑賞、パソコン&スマホはスペック命!

性格:うんちくが五月蠅くめんどくさい性格&自虐的。。。

座右の銘:君子豹変す、小人は面を革む


この記事を読んで、良かった、役に立つと思われたら、シェアボタンをお願いします。

多くの方に喜んでもらえると嬉しいです(^^♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。

店舗一覧

iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!

Xperia修理の専門店Xperiaステーションサービスのご案内

スマホステーションの関連サービス、Xperia修理の専門店Xperiaステーションのサービスリンクになります。

Xperiaステーション修理サービスメニュー

Xperiaステーションの修理メニューへのリンクになります。

Xperiaステーション修理対応機種

Xperiaステーションの修理対応機種の修理料金へのリンクになります。