この漢字なんて読むの・・・そんな時に役立つiPhone機能!

見慣れない地名や珍しい人名、難しい当て字などなど・・・

「あれ、これって何て読むんだっけ?」ってなることよくありますよね。

記憶を絞り出してもなかなかその漢字の読み方が出てこない・・・

そんなときにはスマートフォンを取り出すのがスマートなやり方です(笑)。

今回は文字を調べるのに役立つiPhoneの小技機能【漢字の手書き入力】をご紹介しましょう。

手書き入力の設定する

漢字の読み方がわからなかったら、検索しようとしてもまず入力できません。

そこで検索バーに文字を打ち込むために、手書き入力を設定しましょう。

まず設定アプリを開いてから、以下の順番で進んでください

「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」→「新しいキーボードを追加」

次に新しいキーボードとして以下を追加してください。

「中国語-繁体字 手書き」

設定はこれで終わりです。

↓画面で見るとこんな感じになります!

※簡体字という手書きもあるのですが、これは中国で使われているカンタンな漢字を収録してあるものです。

日本語に対応してるのは「繁体字」のみとなります。

また全ての漢字がこの「繁体字」に対応しているわけではないので、入力のさいにはご注意ください。

手書き入力を試す

実際に「中国語-繁体字 手書き」キーボードを開いたら、以下のような入力画面になります。

ではさっそくこの手書き機能を試してみましょう。

今回、「指宿」という某県の地名を入力していきます。

(この読み方が気になる方はぜひ今回の方法で調べてみて下さいね)

↑私のキレイとはいえない文字もしっかり認識してくれました!

あとはこの漢字をSafariで検索すれば、そのまま読み方を調べることができます。

「この漢字どう読むの~!」というモヤモヤがあっという間に解決しちゃいますよ!!

まとめ

普段はあまり使わない機能だと思いますが、いざというときにはかなり便利そうですよね。

例えば、出張や旅行で駅名を検索しようとしても名前が難しくて読めない時や、友達の氏名に使われている漢字が候補一覧に出てこない時などなど。

重宝すること間違いなしの機能なので、ぜひぜひ使ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー