Softbank(ソフトバンク)が「Xperia XZs」を2017年5月26日(金)に発売

最近各キャリアから続々と新型スマートフォンが発表され、お財布と相談する季節になってきましたね!買い替えを考えている人も多いのでは…?

そこで本記事では新型スマートフォンの1つ!Softbankが発表した「Xperia XZs」についてお伝えしていきます!

xperia-smartphone

Xperia XZsとは?

Xperia XZsは、2016年11月2日に発売されたXperia XZの後継機です。見た目はXperia XZと全く同じなのですが、カラーリングに新色アイスブルーが追加されています。
また、高性能カメラが追加されていることが、本機種の最大の売りです。

基本スペックを説明すると、CPUはSnapdragon820、ディスプレイは約5.2インチでフルHD(1,920×1,080)液晶でRAMは4GB、ROMは32GBとなっています。

SDカードは最大256GBまで対応し、microSDカードスロットも搭載しています。電池容量は2900mAhで連続通話約1710分、連続待受(LTE)時間は約700時間、通信速度は最大で350Mbpsです。

他の3大キャリアと比較すると、Softbankが一番電池持ちが良いという結果になっています。本体のサイズは146×72×8.1(mm)、重さは161gです。

価格は87,840円!ハイエンドモデルらしいお値段ですね。

Xperia XZsの機能は?

さて、つづいてXperiaのもつ機能について見ていきましょう!

・防水性能 IPX5/8

・防塵性能 IP6X

・指紋認証

・シンプルホーム

・5種類のフォント

・POBox Plus

・おサイフケータイ

・ワンセグ/フルセグ

・Bluetooth4.2

・PS4リモートプレイ

以上の機能があります。流石はXperia!といった機能の充実ぶりですね。機能面でなにか不自由を覚えることは少ないのでは、という印象を受けました。

Xperia XZs最大の特徴、高性能カメラ!

Xperia XZsの最大の売り、それは高性能カメラです。

メインカメラは1920万画素、フロントカメラは1320万画素という高い画素数だけでなく、特徴ある機能がいくつもあります。今回はその中でも特に目立つ2つの機能を説明します。

Xperia XZsは、イメージセンサーと信号処理回路の間に「DRAM(メモリ)」を入れた三重構造を実現することにより新開発されたMotion Eyeカメラシステムを使って、「スーパースローモーション」、「先読み撮影」という新しい撮影を可能にしました。

①スーパースローモーション
スーパースローモーションは、1秒960コマの映像で撮影することができる機能です。通常の映像が1秒30コマであることを考えると、いかにすごい機能であるかが分かりますね。

②先読み撮影
先読み撮影は、カメラが被写体の動きを検知すると、センサーのメモリに自動で画像を一時保存します。4枚分の写真を同時に記録できるので、シャッターを押した後に4枚の写真の中から選ぶことが出来るのです。これでシャッタータイミングが遅れてしまっても安心してベストショットを選ぶことが出来ますね!

新機種への乗り換えを検討されている方は、一度お手にとって使用感を試してみるといいかもしれません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

■ 記事の作成者の紹介 ■

ブログ作者:作者:株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長・浜崎正己<br />
プロフィール:大学卒業後、大手建機レンタル企業を経てWEBサイトのディレクターを経験。各種メディアのディレクション業務に携わり、2016年3月に株式会社メディアインキュベートを設立。メディアの立ち上げ・運用支援を手掛けるほか、メディアに特化したベンチャーキャピタルの設立も検討中。画像

作成者:作者:株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長・浜崎正己
プロフィール:大学卒業後、大手建機レンタル企業を経てWEBサイトのディレクターを経験。各種メディアのディレクション業務に携わり、2016年3月に株式会社メディアインキュベートを設立。メディアの立ち上げ・運用支援を手掛けるほか、メディアに特化したベンチャーキャピタルの設立も検討中。

スマホの故障すぐ修理しますバナー