FRONTIERがDSDSとダブルカメラ搭載の5.5型Androidスマホ。Nano SIMスロットを2基装備

android-smartphone
2017年5月19日、インバース株式会社が、直売サイト「FRONTIER」で、DSDSとダブルカメラ搭載の5.5型Androidスマホ「FR7101AK」の発売を開始した。値段は39,800円(税抜き)

ダブルカメラを搭載しており、Nano SIMスロットを2基装備している。5.5型の大画面は、屋内外でも見やすいIPSディスプレイを採用しており、晴天の屋外でも、色鮮やかな映像を楽しむことができる。

また、ゲームも楽しめるジャイロセンサー(傾き感知センサー)を搭載。指で触れるだけでロックが解除する指紋認証センサーも搭載し、USB端子にはType-Cを採用している。

ダブルカメラは、デュアルカメラ、デュアルレンズなどとも呼ばれ、これを搭載しているおかげで、広角・望遠の切り替えができたり、より精細な写真の撮影、一眼レフのようなボケも再現することができる。

また、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)により、2枚のSIMカードを挿入することができ、これにより、2つの回線の着信を同時に待ち受けることができる。

スマホ1台で、1枚はプライベート用、もう1枚は仕事用と切り替えることも可能である。

最近では、大手キャリアも続々と新プランを発表をしているので影は薄めだが、1枚を通話用(大手キャリアで定額契約)、もう1枚をデータ通信用(MVNOで安く抑える)として使うこともできる。

SIMスロット2と共用ではあるが、最大64GBのmicro SDカードスロットも装備。主なスペックは下記の通り。

[OS]

Android 7.0

[CPU]

MTK6750T 8コア/最大1.5GHz

[ディスプレイ]

5.5インチ(解像度1920×1080 401dpi)

[メモリ]

4GB

[記憶装置]

64GB

[インカメラ]

500万画素

[アウトカメラ]

1,300万+500万画素

約76.4mm

高さ

約154.0mm

厚み

約8.2mm

製品のより詳細な仕様などは、公式ページチェック。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

■ 記事の作成者の紹介 ■

ブログ作者:作者:株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長・浜崎正己<br />
プロフィール:大学卒業後、大手建機レンタル企業を経てWEBサイトのディレクターを経験。各種メディアのディレクション業務に携わり、2016年3月に株式会社メディアインキュベートを設立。メディアの立ち上げ・運用支援を手掛けるほか、メディアに特化したベンチャーキャピタルの設立も検討中。画像

作成者:作者:株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長・浜崎正己
プロフィール:大学卒業後、大手建機レンタル企業を経てWEBサイトのディレクターを経験。各種メディアのディレクション業務に携わり、2016年3月に株式会社メディアインキュベートを設立。メディアの立ち上げ・運用支援を手掛けるほか、メディアに特化したベンチャーキャピタルの設立も検討中。

スマホの故障すぐ修理しますバナー