[iPhone]スマホが水没した場合の処置・注意点とは

夏になると海やプールなどに出かける方も多いと思います。
そんな時に起きてしまうのが「スマホを水の中に入れてしまう」ことである。
そうなってしまった時どうすればいいのかをご紹介していきます!

修理件数が多い水没修理についてご紹介

iPhoneの水没修理は「画面交換」「バッテリー交換」に並ぶ修理件数です。

今回は水没した場合の処置と注意点をご紹介!

何かあった時に役に立つかもしれません!

[スマホが水没してしまう状況とは]

iPhoneなどのスマホが水没してしまう状況は数多くあります。

修理をする際お客様からよく聞く状況は以下の3点です。

・海水浴やプールに出かけ水の中へ落とす

・トイレやお風呂場で水の中へ落とす

・雨などの水で濡れてしまう

防水機能が備わっている機種もありますが、耐えられない時も少なからずあります。

最近のスマホは連絡を取るためだけではなく、動画や音楽、カメラとしても使用されています。

そこが大きな利点でもあり、落とし穴でもあるというわけですね。

[水没することで起きる不具合]

iPhoneが水没することで起きてしまう不具合をいくつか紹介します。

・画面の操作、液晶が使用できなくなる

・充電ができなくなる、勝手に再起動してしまう

・カメラのピントが合わない

これらはすべて「水」が内部に浸入してしまったため起きる症状です。

精密機器である以上水は一番の天敵です。

内部に水がある状態のまま使用していると、いつショートしてしまうか分かりません。

できれば水没した場合、電源を切って修理店に出した方がいいかもしれません。

[水没した場合の正しい処置]

水没した場合は電源を切りましょう。

内部で基板がショートしてしまうと、復旧率が下がってしまいます。

その後は端末を振ったり、ドライヤーを当てないようにしましょう。

水気を取りたいのはわかりますが、内部全体に水が広がってしまう可能性があります。

その場合被害が大きくなるかもしれません。

近くにPCがあり、認識もしてくれるようであれば電源を切らずそのままバックアップを取りましょう。

電源を落とすと、次は立ち上がらなくなる可能性があるためです。

パックアップがすぐ取れる場合は取ってしまいましょう。

 

[まとめ]

水没を避けるのは難しいです。

その場に持っていきたいのは確かですからね。

せめて防水カバーに入れて使用すれば、水没をある程度は防げるかもしれません。

スマホには多くのデータが入っています。

大切に使用していきましょう。

iPhoneを水没させてしまった場合は、スマホステーションまでお持ち込みください。

復旧を目指し作業させて頂きます。

 

スマホステーション UNiCASE錦糸町パルコ店

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!