【iPhone】ゴーストタッチって何?

こんにちは!スマホステーションです。突然ですが、スマホの画面が勝手に動いているのを見たことがあるでしょうか?
それはゴーストタッチと呼ばれる現象で、放っておくと取り返しのつかない状況に追い込まれる可能性があります!
今回は、ゴーストタッチが起こる原因などを解説していきたいと思います。

「ゴーストタッチとはなんだろう?」

「ゴーストタッチ」とはiPhoneやスマートフォンで触れてもいないのに勝手に動作してしまい、誤作動を起こしてしまう現象で「お化けタッチ」や「タッチ暴走」とも呼ばれることもあります。

この「ゴーストタッチ」が起こると、意図しないアプリを開いてしまったり、勝手に誰かに電話をかけてしまうなどの症状が起きてしまいます。症状の中でも怖いのが、ロック画面で勝手にパスコードを入力してしまうことです。

iPhoneのパスコードロックは連続で間違えると一定時間、緊急電話以外を使えない状態にロックされてしまいます。

入力ミスした回数によって使用できない時間が伸びていく仕様になっており、5回間違うと1分間、6回目は5分間、7回目/8回目は15分間、9回目は60分間のロックがかかります。

そして、10回入力を間違えるとiTunesに接続しないと解除できず初期化が必要となるので、事前にバックアップを取っていなければすべてのデータが消失してしまいます。

このような恐ろしい被害を受ける前に対処するようにしましょう。

【ゴーストタッチの対処法】

落としたり、水没させていないのにゴーストタッチが起こった時は次の対処で改善する可能性がありますので、是非とも試してみてください!

1.画面を綺麗に拭く

不純物や水分の付着で「ゴーストタッチ」が発生している場合は、画面を綺麗に拭くことで誤作動の原因となっている不純物や水分を取り除きます。

画面に傷つけたり、不純物が残らないように速乾性の高いエタノールとマイクロファイバーなどの柔らかい布で拭き上げましょう。

2.保護フィルムを張り直す

保護フィルム内に埃や気泡が混入している場合は、保護フィルムを張り直してみましょう。

意外と保護フィルムが原因の「ゴーストタッチ」は多いです。

保護フィルムはガラス素材の方が気泡や埃などが混入しにくいので、ご自身で張り付ける方はガラスフィルムの方がお勧めです。

最近ではガラスコーティングといった液体を塗り込むタイプも販売されています。

ガラスコーティングだと気泡や埃の混入は発生せず、コーティング後は不純物も付着しにくくなるので、「ゴーストタッチ」の予防策としては最適かもしれません。

3.まとめ

上記の対処法はあくまでも「水没していない」「画面が割れていない」場合の対策ですので、もし水没や、画面割れ等でゴーストタッチが起きている場合は修理が必要ですので、早めに直してもらいましょう!

スマホステーション UNiCASE錦糸町パルコ店 

            👆修理受付中

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!