iPhone8のバッテリーの減りが早い!考えられる7つの原因と対策

iPhone8で動画を見ながら寝落ちしてしまいバッテリー切れを起こしてしいました。朝起きてすぐに充電したのですが、時間がなかったので少ししか充電できず、その状態で使おうと思ったところすぐバッテリー切れを起こしてしまい困ったことがあります。

そんなバッテリーに関する、経験する人が多いであろう問題について今回は書いてみました。

 

 

iPhone8の充電の減りが早い!

iPhoneを使っていて気になることの一つにバッテリーの減り具合があると思います。

購入したときはすぐに減っていなかったものが、1年2年と使っていると減りが早くなってきたと感じられる方は多いのではないでしょうか?

 

考えられる原因は?

①バックグラウンドでのアプリの動作、自動アップデート

②位置情報を取得している

③画面が明るい、明るさの自動調整機能がオンになっている

④使わないアプリの通知を取得している、通知音、バイブレーション機能

⑤バッテリー充電の最適化

⑥iOSのバグ

⑦バッテリーの劣化

 

上記のような原因がiPhone8のバッテリーの減りの早さに関係していることがあります。

 

各原因の確認方法と対策

①バックグラウンドでのアプリの動作、自動アップデート

「設定」→「バッテリー」で多くバッテリーを消費しているものがないかを確認する。

 

 

写真のようにどのアプリがどれだけバッテリーを使っているか確認できる。

自分の使っていないアプリや起動していないはずのアプリがバッテリーを消費している場合、アプリの削除や再インストールを試すといいでしょう。

 

②位置情報を取得している

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で必要のない位置情報サービスがないか確認する。

 

 

位置情報はスリープ状態でも常に通信を行うので使っていない時でもバッテリーを使っているときがありますので確認して、必要のないものはオフにしましょう。

 

③画面が明るい、明るさの自動調整機能がオンになっている

「設定」→「アクセシビリティ」→「画面表示とテキストサイズ」で明るさの自動調整のオンオフを切り替えることができます。

 

 

④使わないアプリの通知を取得している、通知音、バイブレーション機能

「設定」→「通知」から通知を許可しているアプリを確認しましょう。

 

 

通知を確認しない、いらないというアプリは通知をオフにするのがいいでしょう。

通知を許可するアプリがある場合、通知音、バイブレーショ機能はどうするのか判断しましょう。

通知音、バイブレーション機能もバッテリーを使う動作になります。

 

⑤バッテリー充電の最適化

iOS13から追加された機能として「バッテリー充電の最適化」という機能があります。

この機能はバッテリーの劣化をさせないために使う人がどのように使っているかをiPhoneが学習し、充電のタイミングを管理してくれる機能になります。

これにより、100%まで充電されないことがあるので必要のない場合はオフにしましょう。

確認・オンオフの切り替えは、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「バッテリー充電の最適化」から行うことができます。

 

 

⑥iOSのバグ

過去のiOSではシステムにより異常にバッテリーを消耗してしまうことがありました。

そういうことが報告されていないか確認することも必要です。

 

iPhone8のバッテリー問題、それでも改善しない場合は?

今まではシステムの面からバッテリーの減りの早さを見てきましたが、それでも改善されないことがあります。

それはなぜなのか、理由はそもそもバッテリー自体が劣化していて100%の性能を発揮できていないことがあるからです。

どのように確認するかというと、

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」

を確認しましょう。

最大容量の数値が80%以下の場合はバッテリーが劣化しており、交換時期になります。

 

まとめ

iPhone8のバッテリーの減りが早い問題はシステム面に原因があり、改善されることがあります。しかし、バッテリーが劣化してしまっているといくらシステム面を改善したとしても、バッテリー問題の改善は見込めません。

バッテリーの交換が必要になったときには、スマホステーション仙台店でiPhone8のバッテリー交換を5500円(税込)で行っております。(2021/2/15現在)

交換したいと思われている方はぜひスマホステーション仙台店へお持ち込みください!