iPhoneの液晶パネルの種類の違いについて

iPhoneの液晶パネルの種類の違いについて

スマホステーションでは、iPhoneの修理に採用している液晶パネルには種類がございます、ここではiPhone液晶パネルの品質についてご説明させていただいております。
純正品とスマホステーションが使用している「純正同等パネル」と「互換品パネル」を写真と解説付きで詳しくご説明させていただいております。

純正パネル

iPhone純正パネル

純正同等品パネル

iPhone純正同等品パネル

互換品パネル

iphone互換品パネル

純正パネル

iPhone純正パネル

iPhone購入時に付いているパネルが「純正パネル」と言われております。
純正パネルはiPhoneの純正であるため、最も品質やiPhoneとの相性が良い物になります。
一般的に入手が困難なため、純正パネルを使用・販売している修理・卸業者は弊社が認識するかぎりございません。

純正同等パネル(再生品)

iPhone純正同等品パネル

純正品の破損したガラス等を新しい物に交換した製品になります。
純正の液晶パネルとタッチセンサーは純正品を流用し使用しており、表面のガラスのみ純正同等品と品質が同じ物を使用しております。
液晶表示やタッチの感度が純正品と同じものとなります。
ただし液晶表示の色味に関しては純正品でも、個体差はあります。

互換品パネル

iphone互換品パネル

液晶やタッチセンサー等を純正品ではなく、純正品と互換があるオリジナルの部品を使用したものとなります。
液晶表示の色味がものによって純正品と比べて、青みや黄色みが若干強い場合があります。
液晶周辺の白色の塗料や液晶表示の色味が純正品に比べて違うことがあります。

iPhone液晶パネル品質についてお問い合わせ先

液晶パネルの品質についてお問い合わせについて、フリーダイヤルかメールフォームにてお問い合わせお願いします。

スマホ修理 送料無料キャンペーン中
スマホ修理 送料無料キャンペーン中