[iPhone7]バッテリーの劣化によりすぐにスマホが使えなくなる症状

iPhone 7のバッテリー交換修理

今回修理する端末はiPhone 7になります。

バッテリーの残量がみるみる減っていき、すぐに使用できなくなってしまうそうです。

この症状はバッテリーの劣化が起きると発生することが一番多い不具合になります。

スマホを常に充電できる環境にいる方は少ないです。

出かけ先で充電が無くなってしまうこともありえます。

そんな事態を防ぐためにも「バッテリーの持ちが悪いな」と感じた時に、バッテリーの交換をしましょう。

 

iPhone 7:修理前の状態

修理前にバッテリーの最大容量を確認すると「67%」と表示されていました。

67%という数字はかなり劣化が進んでいるバッテリーになります。

通常バッテリー交換を希望される方のバッテリー最大容量は80%前後が多いです。

60%前後までバッテリーが劣化している場合、急に電源が落ちたり100%から急に20%まで下がってしまうことがあります。

上記のような症状が出ている方は、バッテリー最大容量の確認をオススメします。

 

iPhone 7:修理後の状態

パーツ交換後問題なく改善しました。

バッテリーを交換すると、バッテリー最大容量は100%になります。

新品のバッテリーに交換した証拠でもあります。

使用していくとこの値がまた減っていきます。

iPhoneのバッテリー交換であれば30分もかからず修理できることがほとんどです。

お忙しい方でも修理可能です!

 

 

UNiCASE錦糸町パルコ店の紹介

UNiCASE錦糸町パルコ店では iPhoneの修理を承っております。

バッテリー交換はもちろん、画面交換やバックカメラ交換修理などにも対応しております。

お気軽に当店までお越しください!