【目指せ!地域最安・最速】Androidスマホも即日修理!

Xperiaシリーズ、AQUOSシリーズ、Pixelシリーズをお使いのユーザーが増えています。ご依頼をいただくお客様からよくお声をいただくのが

このシリーズを修理してくれる町のスマホ修理店は少ない、即日もなかなかないので本当に助かる!というご意見です。

スマホステーションではそういったお声にこたえてこの度Xperiaシリーズ、AQUOSシリーズ、Pixelシリーズで即日対応可能機種を大幅に増やしました!もちろんそれ以外のシリーズでも即日お返し可能な機種もございますので是非お気軽にご相談ください。

修理希望機種のバナーを選ぶと料金表までジャンプします

Xperiaメニュー表へのリンク

スマホステーション吉祥寺・三軒茶屋はXperiaシリーズの即日修理も可能です

2021年に「MM総研」がリサーチした国内出荷台数シェアの記事ではXperiaがAndroidスマートフォンでは1位のシェア率(10.7%の157.1万台)を獲得しており日本国民の10人に1人はXperiaを所持しているという計算になります。

(引用元:Xperiaが国内Androidシェア1位に躍進した理由 「ミッドレンジが好調」だけにあらず

2019年発売のXperiaからシリーズがガラッと変わり、「Xperia1」「Xperia5」「Xperia8」「Xperia10」と幅広いスペックを発売した事でユーザーが自分にあったXperiaを探す事が出来るようになってからシェアが広がってきているのではないでしょうか。

その後も2020年にはXperia8をLiteにしたり、2021年には8は廃止、Xperia10ⅢにLiteが登場したりとユーザーニーズをとらえてスペックアップやコストダウンを繰り返しながら進化を繰り返すのが現在のXperiaシリーズです。

2022年7月現在では3機種発表、「Xperia1 Ⅳ」「Xperia10 Ⅳ」「Xperia Ace Ⅲ」、今後も新機種からめが離せないですね!

スマホステーション吉祥寺・三軒茶屋では最新機種も随時対応いたしておりますので準備が整いましたら追記させていただきます。・・

Xperiaシリーズ/料金表

機種画面交換料金目安修理時間バッテリー修理料金目安修理時間
Xperia 10 Ⅲ23100円120分~11550円60分~
Xperia 5 Ⅲ49390円120分~11550円60分~
Xperia 1 Ⅲ55000円120分~11550円60分~
Xperia 10 Ⅱ38500円120分~11550円60分~
Xperia 5Ⅱ38500円120分~11550円60分~
Xperia 1Ⅱ38500円120分~11550円60分~
Xperia 540150円120分~11550円60分~
Xperia 129800円120分~11550円60分~
Xperia XZ326180円120分~10560円90分~
Xperia XZ219250円60分~10560円90分~
Xperia XZ115400円60分~9790円60分~

※表示価格はすべて税込みになります。(2022年11月更新)

スマホの修理イメージ

スマホステーション吉祥寺・三軒茶屋はAQUOS Sense シリーズの即日修理も可能です

シャープのスマホといえば「AQUOS」 以前はTVという印象が多かったと思いますが現在ではスマホを想起される方も多いのではないでしょうか。
現在発売されているAQUOSシリーズ

  • フラグシップモデル「AQUOS R」シリーズ
  • ミドルモデル「AQUOS Sense(センス)」シリーズ
  • エントリーモデル「AQUOS wish」シリーズ

その中でも使用ユーザーが多いのが「AQUOS Sense(センス)」シリーズです。
最新のAQUOS Sense6の特長としてはシャープ独自のアイドリングストップと大容量バッテリーとの相乗効果で1週間の電池持ちを実現させ、外出時も気兼ねなく使える事ではないでしょうか。


スマホやタブレットのバッテリー(電池)は今まで2年程で劣化してしまうというのが通常でしたが、なんとシャープは独自のシステムで電池容量が3年たっても90%を以上をキープできるんだとか。

過去に発売されたSense2(2018年)はこのシステムを搭載はしていないのですが、Sense3(2019年)からバッテリー容量も大容量化され長持ちが売りとなった機種になります。AQUOS Rシリーズがフラグシップモデルよりスペックは落ちますが小ぶりで片手に収まるサイズで愛用されている方も多いのではないでしょうか。

元々TVなどの画面作成を得意としていたメーカーですので、スマホ画面も独自のIGZOディスプレイを搭載しており写真や動画も綺麗に見る事ができるのもユーザーを増やしている要因ですね。

AQUOS Senseシリーズもスマホステーションなら即日修理!愛着のあるスマホをさらに長く使うためのお手伝いをさせていただきます。

 

AQUOSシリーズ/料金表

機種画面修理料金目安修理時間バッテリー修理料金目安修理時間
AQUOS Sense 319250円120分~12980円120分~
AQUOS Sense 2
19250円120分~11880円120分~

※表示価格はすべて税込みになります。(2022年11月更新)

AQUOS Rシリーズのバッテリーの事なら

AQUOS Rシリーズ バッテリー交換もご相談ください

スマホステーション吉祥寺・三軒茶屋はPixelシリーズの即日修理も可能です

2018年11月に日本では初めてPixelシリーズが発売されました、その当時はドコモ、Softbankで取り扱いが始まり話題となりました。それまでGoogleはNexus(ネクサス)シリーズを展開しておりましたがガラっとシリーズを変更してきたのが「Pixel3」シリーズになります。

Googleらしいシンプルな見た目、AndroidOSを作っているGoogleが出している機種としても安心感がありますよね。
毎年1シリーズが追加され2022年ではPixel6シリーズまで続いています。

XperiaやAQUOS同様にフラグシップモデル、廉価版、5G版と発売されていますがPixelシリーズはなんといってもコスパが良いという印象の方が多いのではないでしょうか。
フラグシップモデル(最上位モデル)でも2021年発売当初は約6万5千円程でした、安くはないですが他メーカーでは10万円を超えるような中でこの価格はかなりコスパが良いですね。

他メーカーが指紋認証から顔認証などのロック解除機能に移行していく中でPixelは継続して指紋認証を採用しているのもこのコロナ渦でマスクを着けざるを得ない状況でうれしい機能ですよね。

Pixelの特長で一番大きいと感じるのはAndroidのアップデートが発売から3年はアップデートが保証されていることで長くセキュリティを維持した端末が使える点です。またGoogleが提供するサービスもいち早く使えるので最新体験が可能です。

ただAQUOS Senseほど電池持ちが良い訳ではないのでネット上ではPixelシリーズの電池減りを軽減する方法などが紹介されています。

例 引用元:Softbank [Google Pixel]電池の減りが早いです。改善方法はありますか?

スマホステーションではバッテリー(電池)の交換や画面トラブルは即日&データもそのままでお返しが可能です。
コスパが良いので買い替えとなる前にお安く交換できますのでお気軽にご相談ください。

Pixelシリーズ/料金表

機種画面修理料金目安修理時間バッテリー修理料金目安修理時間
Pixel 5a34100円120分~12980円120分~
Pixel 425080円120分~12980円120分~
Pixel 4a40700円120分~10780円120分~
Pixel 325960円120分~10780円120分~
Pixel 3a17380円120分~10780円120分~

※表示価格はすべて税込みになります。(2022年11月更新)

スマホ修理イメージ2

Android即日修理対象店舗

郵送修理受付も大歓迎です!お気軽にお問合せください。

吉祥寺店に直接お電話いただくか、下記バナーよりメールでお問い合わせください。

その他機種の修理を調べる