iPhoneのカメラレンズに水滴?どうしたら?

iPhone11ProMaxのカメラレンズがくもっているとのことでご相談をいただきました。

端末を見てみると、フロントカメラもアウトカメラも両方とも内側に水滴が見られます。

おそらく端末が濡れちゃったか何かで軽く水没しているような状態かと思われます。

iPhone11ProMaxはもちろん、iPhone7以降は防水では?

と感じる人も多いかと思うんですが、防水機能がある端末でも水没はするんです。

 

 

 

スマホの防水に用いられるものは、耐水性のある粘着テープやゴムのパッキンなどです。身近なところだと水道の蛇口のパッキンやコマと同じような役割です。

経験のある方も多いかと思いますが、水道の蛇口を強く締めても水がとまらないのはパッキンやコマなどの消耗品の劣化です。

毎日使う水道と同様に毎日持ち歩くスマホの防水も劣化します。

購入してすぐならそれなりに強い防水性能があると思いますが、数年使っている端末は内部に浸水しても不思議ではありません。

壊れてはいませんでしたが、分解してみるとカメラに濡れた形跡がありました。これがもうちょっと濡れる場所が悪かったらショートして起動すらできなくなる可能性もあります。

今回は水滴を取り除いて欲しいとのことだったので、分解した状態でしばらく乾燥させ無事に水滴はなくなりました。

水没は一番危ない状態なので、水没させないのが一番ですが、水没したら無理に使わず修理に早めにお持ち込みください。