町の修理屋でスマホ修理をする時はデータの消去や初期化は必要ありません

スマホを修理店に出そうとするお客様に

「スマホのデータを消す必要はありますか?」

と聞かれることが多いです。

決してそんなことはありません。

スマホステーションのような町の修理屋であればデータを消す必要がありません。

私達の場合、端末の一部のパーツを交換するだけです。

そのためデータを保ったまま修理、修理後すぐに使用できる状態でお返しできます。

 

スマホを分解してもデータが必ず消えるということはありません

お客様の中でも勘違いされている方が多いことは「分解したらデータが消える」ということです。

そのため事前にデータを消す・初期化等が必要と考えてしまっています。

スマホも精密機器ですのでそう思われる方が多いのは納得ですよね。

通常スマホのデータはすべて基板に入っています。

基板を破損しない限りデータが消えることはほとんどありません。

(元々起動不可で復旧後データが消えていたという事例はあります)

 

キャリアやメーカーとの対応の違い

町の修理屋で修理する前にキャリアやメーカーに問い合わせをされている方が多く、その時に言われてしまうことがあります。

それは「修理に出した場合、中に入っているデータは消します・消してから出してください」という文言です。

これはパーツの交換ではなく、端末の交換で対応する場合が多いためです。

もちろん個人情報の取り扱いの問題もあるため、事前にデータを消すといった目的もあると思われます。

そのため、その後修理店に来た際に同様のことを言われるのではないかと考えてしまうのです。

 

データが失われる場合もあります

上記でも触れましたが、データを保ったまま修理が終わらない可能性もあります。

復旧した時にデータが消失したことが判明した場合

水没やバッテリーの異常により電源が入っていない場合、修理前に動作確認を取ることができません。

復旧したタイミングでデータが消えていた場合、修理作業中に消えたのか修理前から無くなっていたのかは判断できません。

また、無くなってしまったデータに関してはスマホステーションのような修理店ではもとに戻すことは出来ません。

ただ、水没してもデータが消えないことの方が多いです。

あくまでも消えてしまう可能性が0%ではないということです。

 

まとめ

スマホに入っているデータは貴重なモノばかりです。

バックアップをこまめに取っておきましょう。

修理の際も100%データがそのまま残って終わる可能性はありません。

修理スタッフに相談もできますので、お気軽にご依頼ください。