【Google Pixel 4 】背面が浮いていた時の修理について

背面が浮いている?

先日来店でこられましたお客様の【Google Pixel 4 】の背面が浮いているということでご相談を受けました。

実際に端末を確認してみると確かに背面が浮いてしまっておりました。

実際の端末がこちら

ご覧のように背面が完全に浮き上がってしまっております。

なぜこのような状態になってしまったのかというと

バッテリーが膨張したことが原因です。

なぜバッテリーが膨張してしまったのか?

バッテリーが膨張してしまった原因ですがいくつかあります。

バッテリーは消耗品の為どうしても劣化をしてきてしまいます。

バッテリーの寿命は一般的に2年程と言われております。

今回の機種も発売してから約2年ぐらいなのでバッテリーも劣化をしている可能性が高いです。

充電の際の負荷が多くなるとバッテリー内部にガスが発生するため膨張をしてきてしまいます。

一日に何度も充電をする方や電池残量が早く減ってしまうという方はバッテリーが劣化をしてきているので早めに交換をするなどして防ぎましょう。

修理の流れについて

修理の仕方は背面を外して分解を行います。

今回のお客様の場合は元々背面がほとんど外れてしまっている状態でしたので問題なく分解をすることができました。

あとは新しいバッテリーに交換をして背面をしっかりと固定をして作業終了になります。

バッテリー交換の作業時間は約30分ほどで完了しました。

背面を外す作業から行う場合でも1時間ほどで作業完了できます。

スマホステーション吉祥寺店ではデータの削除を行わずにそのままの状態で修理作業を行います。

動かなくてバックアップが取れていないという方でも安心してご相談ください。

詳しい修理料金や内容に関しては当店までお気軽にお問い合わせください。