ついに発表、iPhone13は12からどう変化したのか

9月15日の深夜2時、Appleの新商品発表が行われました。

iPhone 13が発表され、TwitterではiPhoneユーザーが様々な意見を交わしていますが、皆さんは機種変更する予定はありますでしょうか。

ただ、、「いろいろスペック見たけど、結局12と何が違うの?」と思われている方も多いと思います。

そこで今回は、iPhone13と12の違いをいくつか挙げ、比較していきたいと思います。

 

相違点1:見た目

まず、13と12では見た目から異なります。

大きな違い…というわけでもないのですが、13はカメラレンズが1つ減っていたり、厚さや重みが若干増しています。

カメラについてはまた後で詳しく触れていきます。

↑これは12の背面。13ではここからカメラが一つ減り、対角になるように設置し直されている。↑

 

相違点2:チップ性能

iPhone12では「A14Bionicチップ」というCPU(スマホの脳の部分)が搭載されていましたが、13では「A15Bionicチップ」と一新。

A14よりも性能がよくなっている事はもちろん、センサーシフトの光学手ブレ補正がProに搭載されるなど、撮影機能がより強化されています。

 

相違点3:バッテリー性能

チップ性能が上がったことなども関係してか、バッテリーの持ちも良くなるようです。

ビデオの連続再生時間の比較では、12の17時間に対して、13は19時間と2時間も伸びています。

動画をよく見る方ゲームを頻繁にプレイする方には、高負荷な環境でも前機種より長持ちするバッテリーは魅力的にみえるでしょう。

 

相違点4:カメラ性能の向上

13ではカメラが2つに減りましたが、性能は12のさらに上をいくものになっているようです。

もちろん、例年通り無印とPro版では性能差はありますが、それでも12と比較するとよりプロ仕様の作りになったといえるでしょう。

撮った動画のピントを後から調節できるという驚きの新機能も搭載しているようなので、楽しみですね!

Xperiaもプロ仕様のカメラを搭載した機種を発売しましたが、それとも比較してみたいものです。。

本機種で一番の売りは、やはりカメラ機能かもしれません…!

 

買い替えるべきか

一個人の視点での発言になりますが、12を使っていて支払いが残っている方は、無理して機種変更する必要はないのではないかと感じます。

というのも、指紋認証なども搭載されず、結局は12の進化バージョンだからです。

性能の良い事は確かですが、真新しい機能などは少なめで、現状は12でも全然快適に使っていける事が予想されます。

ただ、Apple大好きな方やスマホを新しく買う予定の方、機種変更を検討中の方であれば、選択肢として大いにアリだと思います!

 

iPhone13の修理について

当然、現状ではまだ部品の流通がないため、当店で修理した場合の金額などはわかりません。

ただ、iPhone 12や11と部品の互換性があった場合、例年より早くご対応可能になることもあり得ます。