郵送修理 LINE登録

2022年秋、iOS16解禁!?対象外となったiPhoneの使い道は…

知っての通りiPhoneは、年々着実に進化を続けているApple社のスマートフォンです。

様々な点で進化し続けているといえますが、一番の特徴はやはりOSの進化でしょう。

そして、そのOSは今秋にアップデートが予定されています。

今度はどのような変化を見せてくれるのか、今回はその点をザッと確認していきたいと思います。

 

OSとは

物理的なスマホの心臓といえば、「CPU」と呼ばれる小さなチップです。

しかし物理的にパーツを組み合わせただけではスマホは動きません。

システムが必要なのです。

 

そのシステム全般を統括し、使用者の求める動きを実現するために重要なシステムこそが、

「OS(operating system)」と呼ばれるものです。

スマホのアップデートと呼ばれる行為は、このOSの不具合を解消したり、新しい機能を追加するために行われているのです。

 

iOSとは

Apple社のiPhoneシリーズに搭載されているOSの種類のこと。

iPhone、iPadなど、Apple社の開発したスマホやタブレットのみ搭載されていて、自社で1から開発したことが特徴のOSです。

また、少ないメモリでもサクサク動くことにも定評があります。

 

iOS16に対応する機種、しない機種

iPhoneのアップデートに限らず、OSのアップデートの対象外となってしまう機種もあります。

これを「サポート終了」と呼んだりしますが、今回のアップデートではどの機種が該当するのでしょうか。

 

結論、iPhone8以降のiPhoneしか、iOS16は対応しないとのことでした。

つまり、iOS16しか使えないアプリや機能は、それ以前の機種(iPhone7や初代iPhone SEなど)では利用できないということです。

長年サポートされ、多くの人に支持され続けてきた初代iPhone SEのサポートも終わるのは、少し寂しいものです。

 

サポート対象外になると

さて、iOS16が対応しない機種はわかりましたが、対応しないとどうなるのか。

結論からお伝えすると、以下のような影響があります。

・iOS16の新機能が使えない

・iOS16以降しか対応していないアプリやサービスが出た時、利用できない

・セキュリティ面がいずれガバガバになる…かも

 

つまるところ、TwitterやYoutube、LINEなど、普段良く使うアプリがiOS16以降しか対応しなくなった時に、

サポート対象外の機種では利用できないという事になります。

また、セキュリティ面のアップデートも原則無くなるので、新手のウイルスやスパムの対策がされていない状態で使用する事になるかもしれません。

 

サポート対象外の端末の使い道は?

では、iPhone7やiPhone SEたちは、iOS16が配信されてすぐに使い物にならなくなるのか。

いえ、全然そんなことはありません。

iOS16以降しか対応しないアプリが出るのは何年後になるか分かりませんし、セキュリティ面もそんなに急にガバガバ状態になるわけでもありません。

 

携帯電話で言うと、ガラケーを持っているのが普通だった時代から、徐々にスマホを持つことが普通であることに切り替わっていきました。

その背景には、サービスを作る側が人々の「便利さを求める」気持ちにこたえる為、スマホ向けのコンテンツに力を入れ出したということがありました。

それと同様に、スマホのOSが新しくなると、その機能や性能を活用したサービスに切り替わっていくものなのです。

 

つまりは、そんな急には使えなくはなりませんが、いつか使いたいアプリやサービスが、

サポート対象外の機種では使えなくなる、ということです。

 

しかし、まだまだ現役で使える機種もあります。

ギリギリまで修理しながら使い続けるのも、大有りな選択ではあると思います!

 

スマステならiPhoneの修理が安い!

先程ご紹介した機種以外にも、幅広く修理対応可能!

バッテリー交換や画面交換以外にも、電源ボタンやスピーカーなど、小さなパーツの交換も承っております。

料金は以下よりお調べいただけますので、ぜひご確認ください!

※一部機種は料金の記載が無い場合があります。その際はお電話やメールにてお問合せください。