郵送修理 LINE登録

スマートフォンのカメラが映らなくなった原因と対処法!

 

つい昔はデジタルカメラを持ち歩く時代でしたが近年ではスマートフォンが普及し、機能面でも優れてコンパクトかつ瞬時に撮影できることから今では欠かせない機能となりました。

また日々の生活と密着していることにより自撮りやバカッコイイなどが流行り、多くの加工アプリも流行りました。

そんな現代の必需品ともいえるスマートフォンのカメラが急に真っ暗になってしまった、映らなくなってしまった、となるととてもストレスになるでしょう。

 

そんな症状の対処法を今回はご紹介したいと思います。

 

まず大きく分けて2つの原因があります。

 

原因1.ソフトウェアの不具合

iPhoneは、本体にダウンロードしたアプリケーションを使ってカメラを操作します。そのため、アプリが不具合を起こしているとカメラが使えない状態になりやすいです。

アプリがなんらかの原因で破損している場合は、改めてダウンロードしなおすことで問題が改善されることがあります。

データを保存しすぎてスマホの容量が重くなっていることも、アプリの誤作動がおこる原因のひとつです。ほかの相性が悪いアプリと干渉して、カメラが使えないこともあります。

また、iPhoneに内蔵しているiOSの不具合でカメラが起動できないこともあります。iOSのアップデートに失敗していたり、iOSを最新のものに更新していなかったりすると、カメラをはじめとするさまざまな機能に影響が出るおそれがあります。

原因2.iPhone本体(ハードウェア)の不具合

iPhone本体のカメラは、レンズやセンサーといったさまざまなパーツから構成されます。

パーツがひとつでも不具合をおこせば、正常にカメラが起動できません。また、各パーツを結ぶ配線が外れたときや基板が破損した場合も、カメラが使えない状態になる可能性があります。

ハードウェアに不具合がおきる原因でまず考えられるのが、落下などの衝撃による物理的な故障です。iPhoneを落とすとカメラのレンズが割れたり、配線や基板にダメージを受けたりするため、取り扱いには注意してください。

そのほか、ハードウェアの初期不良でカメラが正常に使えないこともあります。

iPhoneのカメラが使えないときの対処法5選

 

対処法1:iPhoneを再起動する

カメラ機能が正常に使えないときは、まずiPhoneを再起動してみてください。

iPhoneを再起動することで、溜まっていたキャッシュやメモリをクリアにすることができます。iPhoneを動かしているCPUもリセットされるため、システムエラーのトラブルも改善できる可能性があります。

 

対処法2:使わないアプリを終了する

使っていないアプリを終了させるのも、カメラがうまく起動しないときの対処法のひとつです。

タスクマネージャーを使えば、アプリを一括終了できます。次の手順で操作しましょう。

対処法3:AppleStoreや専門の業者に修理を依頼する

上記を試してもだめなでカメラが使えない場合は修理を依頼する必要があります。

スピーディーに修理してほしい場合は、身近な専門業者がおすすめです。

スマホステーションなら、iPhoneのカメラが使えない状態の原因確認から修理まで、即日対応が可能です。予約不要で直接店舗に持ち込めるため、忙しい方でも安心です。

お客様の大事なデータを壊さない修理をしているため、カメラの不具合でお困りなら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

スマホステーション吉祥寺はJR中央線 吉祥寺駅北口から出たら、正面に見えるサンロードの入り口を目指します。

松屋のところを左投に曲がりしばらく進むと右手に商業施設「コピス吉祥寺」が見えます。

「コピス吉祥寺」の中央入口付近にエスカレータがあるので下り、地下1Fフロアにあります。

お着様ご自身で修理することが難しい物も多いと思いますので、

ぜひお使いのスマートフォンに異変を感じた際はスマホステーション吉祥寺におこしください!

アクセス 総武線・JR線 吉祥寺駅 北口から徒歩5分 コピスA館地下1階
営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
住 所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館 B1F
TEL 050-5444-1524
Eメール kichijoji@sma-sta.com