【もしもiPhoneを落としたら】起こりうる不具合と、修理金額の目安

日常的にスマホを使っていると、うっかり落としてしまう事もあると思います。

着地点が柔らかい場所であれば大丈夫ですが、もしコンクリートなどだったら、どうなるでしょうか。

多くの方は「画面が割れる」と考えがちですが、実は被害はそれだけで済まないかもしれません。

 

今回は、iPhoneを落下させてしまった時に起こりうる不具合と、その修理金額の目安についてご案内します!

 

故障の原因の半数は落下!?

当店にお越しいただくお客様から故障の原因を伺うと、「落とした」事が原因となっているパターンが非常に多いです。

iPhoneは精密機器で、内部のチップが一つ破損しただけでも、本体が正常に動かなくなるリスクがあります。

そんな機械を落下、しかも固い地面に落としたとなると、外装だけでなく内部が破損する可能性も大いにあり得ることだと想像がつくと思います。

 

ここからは、iPhoneが落下した際、どのような不具合が起こるのかの具体例を挙げてみましょう。

 

Case1:画面割れ

固い地面ガラス、ぶつかった時に何が起こるかは明白だと思います。

iPhoneの画面の構造的に、落下時に一番初めにダメージを受けるのが、外装・ガラスです。

保護フィルムなどを貼っていても、出っ張った場所に画面側から落ちれば、割れてしまう可能性は高いです。

 

余談ですが、画面が割れる際に一番多い落ち方は、スマホの「角から」落ちることだといわれています。

画面割れを防ぎたい方は、スマホの角まで保護できるケースをお勧めします。

 

Case2:液晶破損

画面のガラスの次に影響を受けるのが、液晶です。

映像を移すのに必須であるこのパーツは、破損時にはノイズを映し出します。

また、落下時の衝撃の入り方によっては、ガラス割れがないのに液晶のみが破損するといったこともあります。

 

Case3:外装破損

我々はフレームや背面パネルといった箇所の総称として「外装」という語句を使用しています。

この箇所はアルミなどの鉄でできている事が多く、割れる事よりも欠ける事の方が多いです。

機種によってはフレームのパーツが流通しているものもありますが、流通が無い物は原則として新品部品での修理はできません

 

修理箇所と金額が気になる!

次に、それぞれのケースについて、修理メニューと目安金額をご紹介します。

 

まずはCase1とCase2ですが、これは一律で「画面交換」というメニューになります。

iPhoneは画面の構造上の問題で、ガラスのみの取り換えなどは、店頭の環境ではできません。

そのため、液晶+ガラスのセットになったパーツを使用して修理を行います。

 

金額としては、最安値3900円~ になります。

iPhone6や7などは比較的安価で修理ができるため、気軽に依頼できると思います。

 

 

次にCase3ですが、これは「外装交換」か「基板交換」というメニューになります。

外装交換の場合は新品のフレームを使用して、壊れてしまった物と交換します。

新品部品の流通が無い場合は、同機種の中古端末と基板自体を交換する作業になります。

 

金額は部品仕入れ値によって変動するのでピンキリですが、8000円以上はかかる事が予想されます。

 

うっかり画面を割ってしまったら

いくら注意を払っても、手が滑ってしまう時もあるもの。

それが原因で不具合が出てしまった場合、ぜひスマホステーション吉祥寺店をご利用ください!

在庫があれば30分~1時間でご返却が出来ます。(修理箇所によって多少お時間が変動します)

 

詳しくは、お電話やメール、店頭にてご相談ください!

 

今すぐ相談