郵送修理 LINE登録

スマホやタブレット、時計まで対応しているガラスコーティングとは

スマホを新調する時にはガラスフィルムを装着すると思いますが、せっかくのスマホの外見を損なっていると思いませんか?

特に、Galaxyシリーズなど画面の端が曲面になっているスマホだと、フィルムが画面端まで貼れない仕様だったりしますよね。

スマホの外見を損なわず、保護性能もあるグッズは何かないのか…

お客様からこのような悩みをご相談いただき、解決のために策を探してまいりました。

そして見つけた解決策、弊社が提供する「ガラスコーティング」で、その悩みを解決できるかもしれません!

 

 

ガラスコーティングとは

ガラスの表面に特殊な硬化剤を塗布し、硬化させることで、ガラス自体の強度と耐久性を底上げする技術です。

詳しいロジックに関しては、当社WEBサイトの「コーティングPRページ」を御覧ください。

 

 

メリットとデメリット

どんなものにも、長所と短所は存在するものです。

ガラスコーティングの場合は、以下のようなメリット・デメリットを持っています。

 

+ メリット

スマホの外見を損なわない

フィルムを貼っていると、スマホの外見は少し格好悪くなることがありますよね。

コーティングでは、そのようなこともなく、買った時の姿形はそのままでご使用いただくことが可能です。

汚れが落ちやすくなる

コーティング作業後は、表面が滑りやすい状態になります。

これによって、汚れがついてもクロスで拭くことで、以前よりも簡単に汚れが取れるようになります。

操作感がアップ

画面の滑りがよくなることで、操作も快適になるケースが多いです。

1年半~最長3年の長持ち仕様

保護フィルムだと半年~1年程度でフィルムの劣化(傷や割れなど)が起こるケースが多く、外見が汚く見えてしまう端末が多く見受けられます。

しかし、コーティングならそういった劣化度合いは外見に現れにくく、効果持続時間も最長3年と長持ちです。

 

 

– デメリット

「保護されている感」が薄い

保護フィルムのように、目で見てわかるような変化があるわけではないため、人によっては安心感が違ってくるかもしれません。

パッと見て「保護されている」と感じたい方は、コーティングだと少し安心感を得にくいかもしれません。

完全硬化には2週間掛かる

施工後、すぐに硬化が始まりますが、完全に硬化するまでに2週間程度はかかります。

その間、強く押す・引っ掻く・アルコールで消毒するなどを行うと、コーティングが剥がれてしまう(歪んでしまう)可能性があるため、注意が必要です。

 

 

気になる金額は…?

ズバリ、以下の料金で施工させていただきます!

メニュー 料金 目安施工時間
iPhone・スマホ抗菌・抗ウィルス(全体) 4400円 15分~
スマホ全面+ケース・抗菌・抗ウィルス 5500円 30分~
iPad・タブレット抗菌・抗ウィルス(全体) 6600円 15分~
スマホ (ブルーライトカット) 3300円 15分~
タブレット(ブルーライトカット) 4400円 15分~
スマートフォン(画面) 2750円 15分~
スマートフォン(全面) 5500円 15分~
タブレット(画面) 3850円 15分~
タブレット(全面) 8800円 15分~
ノートパソコン(画面) 7700円 15分~
腕時計(フェイス) 3300円 15分~
腕時計(全体) 5500円 30分~
メガネ 4400円 30分~

 

一番ご依頼の多いスマホの施工だと2750円

店頭での割引サービスをご利用いただければ、2250円でご利用いただくことも可能です。

スマホ以外にも様々な機器・道具に対応した、新しい保護技術「ガラスコーティング」、

皆様ぜひ一度お試しください!