Android版Google日本語入力に、独特なキー配列『Godanキーボード』が登場!その使い方は?

Android『Godanキーボード』Google日本語入力に新キー配列

Android版Google日本語入力に、新しいキー配列『Godanキーボード』が登場しました。

ローマ字入力がしやすいよう、母音と子音が分かれて並ぶ独特な配列で両手で端末を持ち、左手親指で母音、右手親指で子音を入力していくスタイルのようです。

片手でのフリック操作より長文が入力しやすく、QWERTY配列よりもキーが押しやすいのが特徴とのことですが、独特の配列で一瞬なにを言ってるのか分かりませんでした。

配列が独特!母音と子音の組み合わせで入力する「Godanキーボード」の解説

簡単に説明すると、英文字のあるキーを縦に見ていきます。

A → あ
 I → い
U → う
E → え
O → お

という感じで並んでいます。
これが、母音となります。

そして、

K → か行   H → は行   W →わ行
S → さ行   M → ま行
T → た行   Y → や行
N → な行   R → ら行

とそれぞれ表されており、これが子音となります。

あとはパソコンで日本語を入力するように
組み合わせて言葉を作っていきます。

Godanキーボードでのテキスト入力例

例)おはよう → O H+A Y+O U

ていうかんじですね。

長文入力がしやすいといわれてますが、基本的に片手で使うスマホです。
ちょっとめんどうかな??と思うのは私だけでしょうか。

実際まだ使ってみてないので、使ってみると意外と便利かもしれません。

ガラケーのキーからフリック入力に変わったときののように
戸惑ったけど、慣れれば離れられなく存在になってるかもしれません(*^▽^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
出典元:<a href="https://weekly.ascii.jp/" target="_blank">週刊アスキーPLUS</a>
スマホの故障すぐ修理しますバナー