スマホを充電したいのに充電ケーブルをいくつ変えても充電ができない

充電ができなくなる大きな原因

充電ができなくなってしまう原因は大きく2つに別れます。

1つ目は外部的要因で、2つ目は内部的要因です。

スマホ本体に異常が無い場合でも充電できないことがあります。

逆も同じで、スマホに異常がある場合は充電機器が新品でも充電出来ないときがあります。

 

充電ケーブルを交換しても充電が出来ない時

コンセントを変える

まずは充電する場所を変えてみましょう。

 

電源アダプターを変える

電源アダプターとは充電コードとコンセントの中間にあるアイテムです。

最近だとUSBポートが何個もある商品が多く見受けられます。

差し込み箇所を変えてみるだけでもOKです。

 

充電口に異物が入っていないか確認

充電口内部に異物が混入している場合、充電口に充電ケーブルがきちんと取り付けることができない場合があります。

きちんと取り付けられていないと金属の接点がうまく当たらず通電しません。

ケーブル側に異物が付着している可能性もあります。

 

修理が必要な場合の原因

上記の対処を行っても改善しない場合は、修理店にスマホを持ち込みパーツ交換をする必要性があります。

外部的要因は素人でも対応せきる範囲ですが、パーツ交換となるとパーツと修理技術が必要になります。

 

充電口の交換

充電ができなくなった場合、もっとも疑わしいパーツは充電口です。

機能からしてみても原因と直結しています。

そのため修理依頼があった際は充電口の交換を試します。

基本充電が出来ない不具合に関してはほとんどこの作業で復旧します。

充電口が壊れてしまう要因は、毎日充電ケーブルを抜き差ししていることだと思われます。

他のパーツに比べ劣化や摩耗がどうしても起きやすいです。

また、露出しているパーツでもあるため水濡れの影響も受けやすいです。

 

バッテリーの交換

スマホの充電が出来ない場合、バッテリーの不具合により起きていることがあります。

バッテリーが少し劣化したぐらいであれば問題はありません。

3~4年程度使用した端末のバッテリーに起きやすい不具合です。

バッテリーは消耗品ですのでどうしても交換時期が来てしまうのです。

 

まとめ

スマホの充電ができなくなった時は慌てず対処しましょう。

まずはご家族や友人から対応しているケーブルを借り、スマホの反応を見てみましょう。

その次に充電できない場合は充電環境を変えてみましょう。

それでも改善出来ない場合は修理屋に相談しましょう。

案外簡単に直るかもしれません。

お近くにスマホステーションまでお問い合わせください。