【故障】画面の故障で画面が真っ暗に?主な原因とそのリスクについて

「スマートフォンの画面故障」というと、画面のガラス割れのイメージが大きいと思います。
しかし、ガラス割れ以外にも画面故障の種類は様々!
その中でもよくある症状と、その危険性について、今回は話していきます。

 

case1:画面に線が入る

この症状は、画面に1本~複数本の縦線(横線)が入ってしまうというものです。
操作に支障が無いパターンもありますが、特定の部位のみタッチ不良が起きる事もあります。
見た目で分かり、画面の不具合であると分かりやすい故障ですね。
危険性はそこまで高くありませんが、放置する事で症状が悪化したりする事もあるため、
早めの対応が必要なことに変わりはありません。

危険度:★☆☆☆☆

case2:タッチができない

この症状は、画面をタッチしても反応しなくなる、「タッチ不良」というものです。
一部が反応しないものから、全体的に反応が無い物、勝手にタッチされるものなど、症状は様々です。
比較的、危険度が高い部類の故障になります。
勝手にタッチされることで、ロック画面にて誤ったパスコードの規定回数以上の入力があると、
データが削除されたり、iPhoneのロック解除ができなくなったりすることもあります。

危険度:★★★☆☆

case3:画面が真っ暗

通知や電話が掛かってきた時にはしっかり反応するのに、画面は真っ暗なまま。
こんな症状の場合でも、画面の不具合の可能性が高いです。
危険度が高い部類の故障です。
画面が真っ暗で何も見えないという性質上、裏で何が起こっているかわかりません
そのため、case2 の勝手にタッチされる症状などが起こっている可能性もあり、
放置したり、電源を付けたままにするのは危険だと言えます。

危険度:★★★★★

case4:画面に黒い染みがある

この症状は、画面上に黒い染みが出来、どの画面でも表示され続けるというものです。
染みのサイズや位置は様々ですが、落下などが原因の場合が多いです。
危険性はそこまで高くありませんが、放置する事で症状が悪化したりする事もあり、
過去の事例では、小さな染みが徐々に大きくなった…というものもありました。
画面も見づらいと思いますので、早めに修理した方がいいと思います。

危険度:★☆☆☆☆

故障には早めの対処を!

画面故障以外でも、放置すると他の部位に影響がでるような故障もあります。
そうなってしまわない為にも、バックアップや修理店への持ち込みなどは、
なるべく早めに行うようにしましょう。

スマホステーション吉祥寺店では、iPhoneのみならず、

Androidの修理実績も多数ございます。

お気軽にご相談下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!