iPhoneは水没しても普通に使えるの?修理すべきか判断する基準とは!

iPhoneをうっかり水没させてしまうと慌ててしまいますが、水没させても異常がなく使えることがあります。しかし、そのままiPhoneを使い続けるのは危険です。早めに修理を依頼しましょう。

今回は水没したiPhoneを使い続けるリスクを解説しながら、iPhoneを修理に出すポイントを紹介していきます。

水没したiPhoneを使い続けるのはキケンな理由

iPhoneをうっかり水没させても、普通に使えることがあります。ですが、水没したiPhoneを、そのまま使い続けるのは好ましくありません。この項目では、水没したiPhoneをそのまま使い続けるリスクを紹介していきます。

突然動かなくなる可能性も

iPhoneが水没しても普通に使える理由は、詳しくは判明していません。水に浸かる時間が短くてダメージがなかったのか、それとも水没したときの加減で、たまたま内部に水は入らなかった可能性もあります。

ただし、水没したiPhoneは、突然動かなくなる可能性があります。水没した直後は通常どおり起動でき、普通に使える状態でも、故障していないと考えてはいけません。そのまま使っているうちに電源が突然落ちて、大事なデータが消失する可能性があるからです。

水没したiPhone内部には、少なからず水滴などが浸入している可能性があります。水没後すぐは正常に作動していても、あとから深刻なダメージになることがあるため、早めに対処しましょう。

錆びやショートの原因にも

水没したiPhoneには、内部の錆や腐食、ショートを引き起こすリスクがあるため注意が必要です。

iPhone内部は密封性が高く、iPhone表面の水分が乾いても、内部に水滴が残っている可能性があります。水分による錆はゆっくりと進行し、故障に気が付いたときは、錆びたパーツの交換で費用が高額化するかもしれません。

それどころか、内部の基板が錆びてダメージを受ければ、修理不能の状態になります。また充電した際にショートが起きるリスクもあります。

ちなみに、iPhoneを水没させるような状況には、次のようなものが考えられます。

・入浴中にiPhoneを使っていてお風呂に落としてしてしまった
・シャワーがかかってしまった
・ポケットにiPhoneを入れていて、トイレで便器に落としてしまった
・雨の中でiPhoneを使って濡らしてしまった
・海やプールに出掛けて、水没させてしまった
・食事中にテーブルの上にiPhoneを置いていて、飲み物や汁物をこぼしてしまった など

このなかでも、とくに危険度が高いのは「海水やプール」、「飲み物」、「料理の調味料」といった、真水以外で濡らしてしまったときです。

これらは内部で水分が乾くと成分がiPhone内部にこびりつき、腐食していきます。そのため、できるだけ早く洗浄処理をしましょう。

iPhoneが水没したらすぐに応急処置!

次にiPhoneが水没したときの応急処置方法について紹介します。

iPhoneの故障が考えられるときは、急にiPhoneが動かなくなる可能性があります。そのため、内部のデータが失われるのを防ぐ必要があります。

スマホが水没したときはスピーディーに応急処置をしましょう。きちんとした応急処置ができるかどうかが、修理の成功やデータの復旧率を左右します。

また、水没などの突然の故障に備えて、普段からこまめにバックアップを取っておくことも大切です。データのバックアップが残っていれば、水没の修理で内部を初期化しても、速やかな復旧が期待できます。

すぐに電源を落とす

iPhoneを水没させてしまったら、すぐに電源を落とすことが大事です。電源をつけたままにしていると、内部に入り込んだ水分が基盤を刺激してショートを引き起こす可能性があります。

水没してしまうと「正常に使えるかどうか確認したい」、「いまからでもデータのバックアップを取りたい」、という気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

しかし、電源を入れたことで深刻なダメージを受け、修理ができなくなるケースも多いです。そのため、すぐに電源を切り、絶対に起動しないでください。もちろん、iPhoneを充電ケーブルに繋ぐのもNGです。

電源を切った後は、タオルなどの吸水性の良い布で、iPhoneの水分をしっかり取り除く必要があります。加えて、イヤホンジャックや充電コネクタ、スピーカー、SIMカードを抜いたトレー内も確認してください。隙間に入り込んだ水もしっかり吸い取りましょう。

また、iPhoneを乾かすためにドライヤーを使うのは厳禁です。精密機器は熱に弱いため、ドライヤーの温風自体が故障の原因になります。

急激な乾燥は金属パーツの腐食を早めるので、乾燥は自然に任せましょう。

海水などで水没したら真水で洗い流す

海水などの真水以外で水没した場合は、iPhoneを洗い流す必要があります。

大事なiPhoneをあえて水で濡らすのは心配になりますが、錆や腐食の進行を防ぐことが最優先です。水没後はすぐに電源を切ります。

この際、内部に入った水を確認しようとiPhoneを振ることはやめましょう。iPhoneを振ることによって、内部の水が広がる可能性があります。そして、基板をショートさせる原因になるため、iPhoneを水で洗ったら、静かにタオルで水分を拭き取りましょう。

速やかに水没修理に出す

水没直後の応急対処をしたら、速やかにiPhoneを修理に出すことが肝心です。

水没後は修理に出すのが早ければ早いほど、被害を抑えられます。そのため、水没後のiPhoneは、内部の水分が乾ききる前に修理に出すことを覚えておきましょう。

iPhoneの修理依頼をしたら、後はプロの業者に任せましょう。洗浄処理など、iPhone内部の浸水状況に合わせて対応してもらえます。

では、iPhoneが水没したときに修理を依頼する場所について紹介していきます。まず、Apple Storeや正規サービスプロバイダがあげられます。Appleの正規部品を使ったメーカー修理なので、クオリティが高く、確実な修理が期待できるでしょう。

しかし、Apple storeや正規サービスプロバイダでの修理は、予約が必要です。水没したときのように急ぎの修理の場合は、身近な場所にある街の修理店への依頼も検討してください。

スマホステーションなら、スピーディーに水没からの復旧修理が可能です。水没して起動しなくなったiPhoneでも、特殊な洗浄液を使って内部の修理を行い、電源が入る状態に回復いたします。

全国の身近な場所に店舗があり、直接持ち込み修理ができるのもメリットのひとつです。最短即日で修理が完了するため、仕事などに使用しているiPhoneを手放せない方にもおすすめです。

加えて、スマホステーションは総務省登録済みのため、安心して修理を任せてください。そしてiPhone修理の実績の高い専門業者です。

水没以外にも、スマホステーションでは液晶画面や背面パネルの破損、コネクターキャップなどのパーツの破損や紛失など、幅広い修理に対応しています。最新モデルから古いモデルまで、幅広い機種の修理ができるため、大切なiPhoneのトラブルでお困りなら、どうぞお気軽にスマホステーションにご相談ください。

まとめ

iPhoneを水没させてしまったとき、普段通り使えるからといって油断してはいけません。そのまま放置すると、深刻なダメージになるリスクがあるため、早めに修理を依頼しましょう。

iPhoneが水没したときは、速やかに正しい応急処置をすることが明暗を分けます。水分をしっかり取り除いたらスマホステーションに依頼をして、確実な修理をしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!