中古iPhone購入時の注意点とは?

いきなりですがiPhone、普通に買うと値段が高すぎると思いませんか?
ジョブズ信者の私としては新しい機種が登場するたびに買い替えたいんですが、ほんとにお財布に厳しくて(泣)!
で、仕方なくオークションやフリマを利用して、中古でもいいから少しでも安く入手しようとするんですが……
この中古端末にはじつは大きな落とし穴が待ち構えていることがあるんです。
「アクティベーションロック」と「パスコードロック」。
今回は、中古のiPhoneを買う際に注意すべき上記2つについて解説していきます。

購入前に「アクティベーションロック」の確認

アクティベーションロックって何? という方もいらっしゃると思いますので、まずはご説明を。

これはiOS7以降を搭載するApple端末に組み込まれている機能です。

「iPhoneを探す」を設定で有効にすると自動で作動します。

activationrock

具体的な中身は以下の通り。

  • 「iPhoneを探す」機能をオフにするさいにAppleIDとパスワードの入力を求める
  • 端末を初期化するさいにAppleIDとパスワードの入力を求める
  • 初期化したあとでAppleサーバーにアクティベートするさいにAppleIDとパスワードの入力を求める

いろいろな操作にAppleIDとパスワードが必要になってくるんですね~。

これさえかけておけば、うっかりスマホを紛失しても勝手に初期化されて使われる、なんてことはなくなりそうですね。

つまりセキュリティ上、非常に重要な機能とも言えます(ただこいつが困ったことに、何気なく使っていていきなりロックされるなんて事態も……)。

ということは中古でiPhoneを購入するさいには、このアクティベーションロックが解除されてあるかを必ず確認する必要があります。

うっかりロックのかかった端末を買ってしまったら、前の所有者からAppleIDとパスワードを聞かないかぎり初期化不可なのです。

ちなみにアクティベーションロックがかかっているかどうかは商品説明文に書いてありますので、必ずチェックするようにしてください。

もし書いてない場合は、出品者にロックを有無を問い合わせたほうが無難でしょう。

端末のIMEIまたはシリアル番号がわかる場合、以下のサイトで番号を入力するとアクティベーションロックの有無を確認することができます。

https://www.icloud.com/activationlock/

(2017年8月現在、このサイトは閉鎖されています)

activationrock

買った端末に「パスコードロック」がかかり解除できない場合

passcoderock

パスコードロックとは、スマホを立ち上げたさいに聞かれるパスワードで端末を保護する機能です。

パスコードを入力しないと入力画面から先に進まなくなるため、セキュリティを考える上ではこちらもとても重要と言えます。

iPhoneだと、iOS9以降なら6桁、それ以前なら4桁の数値を設定画面で登録してください。

passcoderock

覚えやすいように語呂合わせや縁起のいい日付なんかで設定している人も多いのでは?

(推測されやすい生年月日とかで設定するのは厳禁ですよ!)

このパスコードロックも中古でiPhoneを購入するさいの注意点となります。

ロックのかかった端末を購入しないよう、商品説明文は入念にチェックしてください。

ただしもし間違えてロック有りのiPhoneを買ってしまってもご安心を!

なんとパスコ―ドロックはPCからiPhoneを初期化するさいに、なくなってしまうのです。

具体的には以下の手順で初期化を実行してください

  1. 自動同期停止
  2. リカバリーモード
  3. 初期化(ホーム画面→「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択してください)

中古iPhone購入のメリット

中古でiPhoneを購入するとどのようなメリットがあるのかについて、詳しくみていきましょう。

新品の価格よりも安く購入できる

中古品は一度他者の手にわたったもののため、新品の本体価格よりも割安に購入できます。

「憧れの機種だけど値段が高くて手が出しにくい」「いくつか試してみたい機種があるけれど、新品で買い換えたくない」といった方は、中古品なら気軽に購入できるのではないでしょうか。

新機種が発売された後は古い型番の商品の価格がさらに安くなるため、安くなるタイミングを狙うのもひとつの方法。

携帯会社ごとのキャンペーンや乗り換え割を利用し、プランと端末の両方をお得な価格で手に入れられる場合もあります。

購入したらすぐに使い始められる

新品のiPhoneを大手の携帯会社で購入すると、機種変更の手続きや新機種に関する説明を受けなければならず、手間がかかります。

しかし中古のiPhoneならオンラインショップや中古品の専門店で購入でき、買った直後からすぐにSIMを差し込んで使い始められます。

店頭での面倒な手続きが少なく、手軽にお好きな端末が手に入れられるのは中古品ならではのメリットといえるでしょう。

中古iPhone購入のデメリット

中古iPhoneは手軽に機種変更ができ、新品に比べて価格が安い一方デメリットもあります。

故障や不具合の可能性がある

中古品といっても、他者の手にどれほどわたっていたかは端末ごとに異なります。

以前の持ち主の使用状況によっては端末の不具合や消耗の程度が大きく、「安く買えたはいいけれど何度も修理に出すことになった」というケースも考えられるでしょう。

特に個人間の売買では端末が正常に動作するか、万が一機種が動作不良を起こしている時に保証や交換対応をしてもらえるかを確認してください。

「赤ロム」に要注意

前の使用者が端末の代金を払っていないまま売却し、そのため利用に制限がかかっている「赤ロム」という端末があります。

これは、端末に制限がかかっておらずSIMのみで起動ができる「白ロム」とは真逆のものであり、注意が必要です。

中古ショップによっては赤ロムを厳正にチェックしている、または赤ロムが届いてしまったらすぐに返品できる場合もありますので、購入前にショップの店頭やサイトで確認をとっておきましょう。

バッテリーの劣化も気になる…

本記事では中古スマホの注意点について記載してまいりました。
中古スマホはバッテリーの劣化も気になる点ではあります。
バッテリーの減りが早い!? iPhoneのバッテリーを長持ちさせる技 10選
こちらの記事にて、バッテリーを長持ちするためのポイントを記載しております。もしかしたら改善する場合もありますので、是非参考にしてみてください。

中古品にはメリットとデメリットがある

新品の本体価格よりも安く購入できる中古品は、届いたらすぐに起動チェックを行いましょう。

万が一「赤ロム」だった場合は購入元に連絡し、サポートを受けるようにしてください。

中古のiPhoneはAppleCare+の対象とはならないため、修理代金が通常よりも高くついてしまうこともあります。

中古で手に入れたiPhoneの動作がおかしい、不具合があるがわからない…という時には、Appleの正規店のほかにスマートフォンの修理店も活用しましょう。

スマホステーション吉祥寺店では、AppleCare+が適用にならない中古の端末もプロが責任をもって修理いたします。

正規店の修理代金よりもお得に動作チェック・修理対応が受けられる場合がありますので、ぜひ一度ご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!