京セラ HONEY BEE の画面割れ、液晶割れ、ガラス割れや水没、電源不良、リカバリーモードなどのスマホ修理はお任せください。

Kyocera HONEY BEE(京セラ ハニー・ビー)シリーズの修理について

Kyocera HONEY BEE(京セラ ハニー・ビー)シリーズは、京セラ(キョウセラ)京都府京都市伏見区に本社を置く電子機器、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾(クレサンベール)関連メーカーが展開するPHS端末及びAndroid搭載スマートフォンブランド名になります。
HONEY BEE の初号機については、WILLCOM(現Ymobile)にて京セラ製PHS端末にて発売され、以後マイナーチェンジを繰り返しPHS端末では6機種、スマホでは1機種発売されております。
開発コンセプトは、女子中高生をターゲットとした端末で、名前の通りミツバチをマスコットキャラクターとしている。
カラーリングについても、ポップなカラーを採用しており主にデザインに特徴があります。

Kyocera HONEY BEE(京セラ ハニー・ビー)シリーズの故障事例のご紹介

Kyocera HONEY BEE(京セラ ハニー・ビー)シリーズについては、故障事例としては最も多い事例は「液晶画面割れ/液晶画面故」になります。
ポップなカラーを採用し、外装も特徴的なためカバーを付けずに使用している方が多く不注意で落としてしまい、液晶画面が損傷してしまう事例でのスマホ修理のご依頼が最も多い事例になります。
液晶画面割れの場合は特に、破損した液晶のガラス等で怪我してしまう事が考えられますので、早い段階にてスマホ修理される事をオススメ致します。
スマホ修理が早期に難しい場合についてはテープ等で液晶画面を全体を保護しておくと手の怪我等も一時的に防ぐ事が可能になります。
次に多い故障事例として、「バッテリーの劣化」が多い事例になります。
バッテリーの劣化には、長期使用する事により必ず起こる事象ではございますが、ご使用環境/充電回数によりバッテリー劣化スピードは異ります。
バッテリー交換のにより、電源が入らなかったスマホが電源が入るようになる事もございますので、新しいスマホの購入前にバッテリー交換スマホ修理のお見積だけでも取得される事をオススメさせていただきます。

Kyocera HONEY BEE(京セラ ハニー・ビー)シリーズの修理料金の目安

Kyocera HONEY BEE(京セラ ハニー・ビー)シリーズシリーズの修理料金については(4800円~)となっております。
京セラ(キョウセラ) HONEY BEE(ハニー・ビー)シリーズの修理料金については機種に部品等の価格が違うため、スマホ修理料金が異なっております。
スマホ修理については、修理項目により作業時間に相違がございますので作業時間目安についても、ご確認お願い致します。
無料にてお見積もりも致しますので、正確な修理価格を知りたいお客様についてはお見積をご依頼していただければと思います。
お電話かメールにて、「機種/症状」をご連絡頂ければある程度の概算の料金をお伝えする事が可能ですのでお急ぎのお客様については、活用頂ければと思います。 スマホ修理料金については、都度改訂等を行っておりますので、ご依頼前に料金をご確認いただきご依頼いただければと思います。
お客様のご希望の機種が一覧にない場合については、お電話かメールにてお問い合わせお願い致します。
スマホ修理 送料無料キャンペーン中
スマホ修理 送料無料キャンペーン中