iPhoneが突然動かなくなった時に一番最初にしてほしいこと。

iPhoneが正常に起動しないご相談

スマホステーションの店舗にて、お客さまからよくこんなご相談をいただきます。

「iPhoneが突然使えなくなった」

「落としてもないのにボタンが反応しなくなった」

「画面が黒くなって何の反応もしない」

「iPhoneがさっき突然壊れた」

お持ちいただいたiPhoneを操作してみると確かに何も反応しません。このような場合、一体どう対処すればよいのでしょうか。

電源を強制終了させる方法

iPhoneがたんにフリーズしているだけなら、じつは話は簡単です。端末を何もせずに放置していると、バッテリーが切れて電源が自動でオフに。その後、新たに充電して電源を入れると、普段通りに使用できるようになります。

ただiPhoneが動かない場合、とりあえず充電を試す人が多く、電源が自動的に切れる機会がなかなかありません。そのため、対処法がよくわからずに右往左往してしまうという事態につながってしまいがちなのです。

では、いったんiPhoneの挙動がおかしくなったら、充電切れを大人しく待たなければならないのか? 正直、少なくない時間をただじっと待つのも馬鹿らしいですよね。そこで今回は、強制的に電源をオフにする方法をお教えしたいと思います。

じつはiPhoneがフリーズして操作を受け付けない状況になっていても、内部では入力を正常に認識している場合があります。これを利用すれば、強制的に電源を落とすことも可能なのです。

具体的な方法は下記になります。

  • iPhone6s / iPhone6s Plus以前の場合、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押し続ける
  • iPhone7 / iPhone7 Plus以降の場合、電源ボタンと音量ボタンのマイナスを同時に10秒押し続ける
    iPhone7の強制終了

iPhoneの場合、PCと異なり電源をオフにする機会が多くありません。そのため、端末を操作をしたさいの処理の履歴が内部に溜まりすぎてしまうのです。フリーズの多くは、その影響による可能性が大きいと考えてください。

ちなみに強制終了する前に端末がフリーズ状態かどうか判断する方法には以下のものがあります。ぜひ参考にしてみてください。

  • バイブレータースイッチを ON / OFF して反応を確認する
  • 自分のiPhoneに電話をして反応するかを確認する
  • マナースイッチをOFFにして、電話やメールやLINEの着信音が出るのを確認する

PCではマウスやキーボードの挙動によりすぐにフリーズが判明するのですが、iPhoneでは画面が落ちてすぐには気付けないという状況も考えられます。このような場合にも、直ちに故障したと考えずに落ち着いて適切な対処法を心がけるようにしましょう。

iPhoneのフリーズに関する予防策

iPhoneの急なフリーズを防止するためには、定期的に以下の2つを実施してください。

  • 月に1回は電源オフを行う
  • バックグラウンドで起動しているアプリを終了する
    • ホームボタンを2回連続でクリックしてアプリを上にフリック

 iPhoneのキャッシュの解放

iPhoneが急に動かなくなることがないように、定期的に上記の内容を実行してださい。もしそれでもフリーズが頻発するようなら、スマホステーションにご相談していただければと思います。皆さんのお悩みを解決する手立てをいつでもご提案させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー