iphoneの充電ができなくなった!?

iphoneの充電ができなくなってしまった場合、いくつか原因がございます。その一部をご紹介致しますのでよろしければご参考にして頂ければと思います。


充電ができなくなってしまう場合は「付属品の充電ケーブル関連が故障」「本体のシステム処理不具合」「本体の充電口の故障」「メイン基板側の故障」がほとんどになります。

充電ケーブルはiPhoneを差し込みする側の根本部分が弱く長く利用してればいるほど劣化してきてゴムの部分が緩くなってきます。内部の線が見えるまでになってしまうと少し傷が付いただけで断線してしまいますのその場合は早めの交換をおススメします。

特に損傷がない場合は一度他の充電ケーブルを挿しこんでみて反応するかの確認になります。他の方が同じiPhoneであればケーブルを少し借りてみるとよいかもしれません(iPhone5以降の充電口はほとんどご一緒です)

次にアプリのアップデートやOSのアップデート処理で不具合が起こってしまった場合に発生する充電不良です。更新の段階で電源が切れてしまったり通信が途切れて中断してしまうと予期せぬエラーとして正常に動作しなくなることがございます。

その場合は一度電源を切って頂き再度電源を入れ直すことにより充電反応が復旧する可能性がございますので一度お試しください。

上記を試してみても充電反応がない場合は本体側の充電口が損傷しているかメイン基板側の故障の可能性が非常に高いものとなります。この場合部品交換等が必要となりますので修理が必要となります。

 

実際に修理を出す場合、正規店での修理がいいのか、非正規店での修理をした方がいいのかとなります。

どちらもメリット、デメリットがございますのでご自身あった方に修理を依頼することをおススメします。

・正規店

Appleのメーカーへの修理はこちらになります。基本的に自身が出している機種の修理になりますので基本的に直らないということはありません。

ただし正規店に修理を出す際、いかなる場合でもデータは初期化されてしまいます。その為かならずバックアップをしてからの修理をおススメします。

また地域により完全予約制な店舗もありますので来店する前に一度お問い合わせをして頂くとよいかもしれません。

・非正規店

街中で「iPhoneの修理できます!」等の看板がある店舗がほとんどとなります。Appleマークの看板が無い店舗がほとんどです。当店も後者になります。

これはお店によりますが基本的に修理する部分は故障した部品のみとなりますので基板側が損傷している際は修理が行えないこともございます。ですがその分データの初期化等はされませんのでバックアップを取る前に故障してしまった際は修理して改善した際中身は残ったままとなります。

 

修理に出す際の参考にして頂ければと思います。

スマホ・iPhone修理のスマホステーション 三軒茶屋店

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!