iPhoneが通話終了できない報告は多数あり!原因と対処法

iPhoneの一部機種で、通話が終了できない事例が多数発生しています。国内・海外を問わず、同様の報告があるとのことです。

不具合が発生してしまうと相手が電話を切るまで待たなくてはならないので、不都合を感じるユーザーが増えています。
では、この通話が終了できない不具合は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。この記事では、不具合の原因と対処法について紹介します。

iPhone Xでは通話の終了ができない報告が多数

記事冒頭でも紹介したように、iPhone XSやiPhone Xなどの機種で、通話が終了できないという症状が多発しています。自分から電話を切ることができず、相手が切るのを待たないといけません。

日本のみならず、海外でも多数の報告があがっており、通話が終了できないほか、「ボタンを長押しすることで誤って緊急通話に発信した通話も終了できない」「通話中にアプリが終了できない」などの事例もみられます。

このトラブルは、Appleの公式ページにあるコミュニティサイト、ニュースサイト、SNSなどで多くの声があがっていました。また、XやXSだけでなく、過去の機種でも同様のトラブル報告が確認されています。

現在、はっきりとした原因は分かっていませんが、考えられる原因を次の項で紹介します。

iPhoneの通話の終了ができない原因

iPhoneの通話が終了できないとき、考えられる原因は次のようなことがあげられます。

近接センサー

近接センサーとは、通話時に画面に触れても画面の誤動作が起きないようにするためのセンサーです。

iPhone本体の上部中央についており、フロントカメラと一体化しています。近接センサーが作動すると、物体がiPhoneに近づいたときに、赤外線で物体を検知し、自然に画面が暗くなります。センサーが塞がれることで、画面がオフに切り替わるようになるのです。

近接センサーがうまく働かなくなる主な原因には、iPhoneが落下による衝撃を受けた・水没によるセンサーや回路の破損・一時的な不具合などがあります。このような場合、画面操作ができない状態が続いてしまい、相手が電話を切るまでこちらから切ることができなくなります。
近接センサーの不具合を確かめるには、次の2つの方法を試してみましょう。

・電話中にセンサーを塞いでみて、画面が暗くなるかどうか
・画面は暗くなるが、センサーを塞いでいなくとも画面が明るくならない

これらの症状が出ていれば、センサーの故障が考えられます。次の箇所を確認してみましょう。

・センサーの周りにキズや汚れがないか
・保護フィルムやガラスフィルムがセンサーにかかっていないか
・実際に電話をかけ、正しく動作するか

これらを確認後、もしも正常に作動しない場合は、後述する対処法を行うことで不具合が解消することがあります。

ソフトウェアの不良

iPhoneの画面に表示される、通話を切るための赤いボタンを押しても、何も反応が見られないことがあります。これは、複数のiOSバージョンで起こった現象ですが、ソフトウェアの問題だと考えられています。

一部のユーザーからは、ハンズフリー機能を使って通話した後、やはり赤いボタンが機能しないという声もあがっています。

iPhoneの通話終了ができない時の対処法

iPhoneの通話が終了できないと焦ってしまうかも知れません。しかし、この項で紹介する対処法を行えば、状態が改善することがあります。

ホーム画面左上を確認

まず確認したいのは、ホーム画面です。

通話中にiPhoneの画面を操作すると、画面左上に小さく表示される時刻が緑色になっていると思います。その緑色の箇所をタップすると通話画面に戻るので、不具合でなければ通話終了の赤いボタンをタップして電話を切ることができるでしょう。

通話中の画面操作は、電話帳を調べたりメモをとったりするときに使うことが多いのですが、元の画面に戻すのをつい忘れてしまうケースがあります。その場合、通話終了ボタンが表示されないため、電話が切れなくなってしまうのです。

左上に表示されている時刻が緑で反転している場合は、通話中を表していますので、通話終了ボタンが表示されないときは時刻表示の色を確認してみましょう。

 

 

緊急SOSの自動通報をオフ

iPhoneの通話を強制終了するとき、ボタンを操作して終了する場合がありますが、この操作では間違って緊急SOSのダイヤルにかかってしまうおそれがあります。それを防止するためにも、緊急SOSにかからないように自動通報の機能をオフにしておく必要があります。

設定を変更するには、まず設定アプリを開き、「緊急SOS」ボタンをタップします。そのあと、「自動通報」をオフにすれば完了です。

自動通報をオフにしても、緊急SOSスライダの機能を使えば、緊急SOSの電話をかけることができます。iPhone 7より前の機種では、サイドボタンもしくは上部のボタンを素早く5回押し、表示される緊急SOSスライダをドラッグすると電話をかけられます。

iPhone 8以降では、スライダが表示されるまで、サイドボタンおよびいずれかの音量調節ボタンを押し続けます。表示されたらドラッグして電話をかけます。

iOSのアップデート

iPhoneのiOSは頻繁にアップデートが行われています。そのため、最新バージョンにアップデートしておくことで不具合が改善される可能性があります。また、バグが起こった場合は、バグに対応したアップデートが行われます。

最新バージョンの対象となる機種は決まっているので、アップデート前にはApple公式サイトで確認しておきましょう。

強制再起動

iPhoneを強制的に再起動させることで、通話が終了できない現象が解消することもあります。iPhone Xを例に、再起動の方法を紹介します。

最初に、端末左側にある音量を上げるボタンを1回押し、そのあと音量を下げるボタンを1回押します。そして、端末右側にあるサイドボタンを、電源が切れるまで長押しします。

もうひとつの再起動法は、まずサイドボタンと、どちらかの音量ボタンを同時に長押しし、電源オフスライダが表示されたらボタンを離してドラッグします。電源が切れるまで30秒ほど待ったのち、サイドボタンを長押ししてAppleロゴが出たら再起動の完了です。

再起動の方法は、機種ごとで異なりますので、自分の機種に合った方法で行いましょう。

修理依頼をする

ここまで紹介した方法を試しても不具合が改善しないようであれば、プロへ修理を依頼する必要があります。

Apple社が提供しているAppleサポート(Apple Careなど)に加入しており、かつ保証期間内であれば、サポートを利用することで修理料金を抑えることができます。

もしもAppleサポートに加入していない、もしくは保証期間が過ぎてしまっている場合は、ぜひスマホステーションへ修理をご依頼ください。

スマホステーションは、通話が終了できない不具合をはじめ、iPhoneのさまざまな故障に対応しています。パーツ交換であれば、箇所にもよりますが最短で1時間ほどで作業が完了し、データも消去されずそのまま残すことができます。

当店は、お客様に安心してご利用いただけるよう、総務省登録修理業者の認可を受けております。この認可を受けるためには、適合基準を満たすための厳しい審査を受ける必要があり、修理方法や使用パーツの品質、修理後の電波への影響などをすべてクリアしなくてはいけません。
登録項目は機種ごとに定められており、機種や修理項目は随時申請しております。

iPhoneの通話が終了できない不具合が発生しましたら、ぜひ一度スマホステーションまでご相談ください。来店修理はもちろんのこと、遠方の方は郵送修理も承っております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
iPhoneの通話が終了できない事例は、Apple社も把握しているとのことで、できるだけ早い解決がのぞまれるところです。iPhoneを快適に使うためにも、不具合が発生した際は、今回紹介した対処法を早い段階で試してみると良いでしょう。
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!