どうすればいい?iPhoneが再起動できないときの対処法

iPhoneがフリーズして動かなくなってしまい、再起動もできない状態になったことはありませんか。再起動できないのにはいくつか理由が考えられ、適切な対処法をとることで症状解消の可能性が高まります。ここで紹介する方法をぜひ試してみてください。

iPhone イメージ

iPhoneが再起動できない理由

iPhoneは精密機械であり、再起動できなくなるケースが多々見られます。それには、次のような理由が考えられます。

パーツが故障している

iPhone本体には多くのパーツがついていますが、それらのパーツが故障していると、再起動の操作は不可能です。電源ボタンや音量ボタンは、強制終了や再起動の際に使うことが多いパーツですが、使用頻度が高い分故障のリスクも大きくなります。

また、ホームボタンが陥没してしまうと操作できなくなってしまいます。「アシスティブタッチ」の機能を使い、画面上にホームボタンを表示しておくと便利です。

正しい方法で再起動・強制終了できていない

再起動や強制終了の方法は、機種によって異なります。ご自身が持っている機種に合った方法で処置を行いましょう。

再起動できないときの3つの対処法

iPhoneが再起動できない場合は、次の3つの対処法を行ってみましょう。

1.各モデルの再起動と強制終了をする

まず、機種ごとに合った方法で、再起動と強制終了を行います。方法は次の通りです。

①iPhone6以前の機種の場合
まず、スリープボタンとホームボタンを同時に長押しします。その後、スリープボタンのみを長押しして起動させましょう。
②iPhone7の場合
まず、スリープボタンと音を下げるボタンを同時に長押しします。その後、スリープボタンを長押しして起動させましょう。
③iPhone8以降の場合
まず、音を上げるボタンを押して離し、その後音を下げるボタンを押して離します。そうしたら、画面が真っ暗になるまでスリープボタンを長押ししましょう。

2.iPhoneの充電を確認

機種ごとの方法を試しても再起動できない場合、充電切れとなっている場合もあります。機種を電源に接続して充電してみましょう。

数分経っても電源がつかず、充電画面が表示されないときや、「電源に接続してください」とのメッセージが表示されるようならば、プラグやケーブルに異常があるかも知れません。もう一度さし直す、違うケーブルで試すなどしてみましょう。充電口にホコリやゴミが入っていないか、ケーブルが汚れていないかなども確かめると安心です。

また、バッテリーの寿命が近づくと、弱っているためにうまく充電できないこともあります。このときは新しいバッテリーに交換しましょう。

 

3.iPhoneの容量を整理

iPhone本体の容量が満タンになってしまうと、動作が不安定になり、フリーズする可能性が高くなります。容量を確認し、満タンであれば整理しましょう。

「設定」「一般」「iPhoneのストレージ」の順にタップし、本体の空き容量やインストールしているアプリの容量を確かめましょう。容量がいっぱいになっていたら、データの削除が必要です。特に、動画や音楽は容量が大きいものが多いため、使っていない・もしくは消しても支障ないものがあれば、削除して空きを増やしましょう。

【状況別】再起動できないときの解決策

ひとくちに再起動できないと言っても、その状況はさまざまです。次は、状況によってどのように対処したら良いのか、解決策を紹介します。

サイドボタン(スリープボタン)が壊れている

電源を入れるためのサイドボタン(スリープボタン)が壊れていると、ボタンを押しての再起動はできなくなります。この場合には、アクセシビリティを使用すると便利です。

「設定」「アクセシビリティ」「タッチ」「Assistive Touch」の順にタップし、「Assistive Touch」をオンにします。そうすると、グレーのアイコンが画面上に出てきます。そのアイコンをタップすると、メニューが表示されます。メニューの中の「デバイス」をタップし、その次に表示される「画面をロック」を長押しすると、スリープボタンを長押ししたのと同じスライダーが出てきます。このスライダーを右にスライドさせると、電源を落とすことが可能です。

画面が真っ暗

ホームボタンや画面などを押しても全く反応せず、画面が真っ暗な状態のままであるときは、フリーズしていることがほとんどです。この場合は強制終了が有効です。

先ほどご紹介した強制さ起動の方法と同じ方法でできますのでお試しください。インストール済のアプリや設定はリセットされませんが、作業していたアプリのデータが消える場合がありますので、強制さ起動を行う場合は注意しましょう。

リンゴループになった

リンゴループという言葉を聞いたことがある方は少ないかも知れません。これは、iPhoneを起動すると画面に表れるAppleのロゴが出たままで消えなくなり、操作が全くできなくなってしまう現象を言います。

リンゴループには、ロゴが消えないケースのほかに、ロゴが表示されてから繰り返し再起動するケース、リンゴマークが出たり消えたりするケースなどがあると報告されています。

原因はいくつかあり、次の事例があります。
・ファイルの破損
・アプリのエラー
・iOSを更新している最中でのエラー
・水没および衝撃による基盤の破損
・バッテリーの劣化

皆さんでも簡単にリンゴループの症状を解消するには、強制的に再起動する方法が有効です。先ほど紹介した、機種ごとの再起動法で試してみましょう。それでも解消されなければ、ソフトウェアのバグが直る可能性が高いとされるセーフモードで再起動します。音量を上げるボタンを押しながら電源ボタンを押し、リンゴマークが出ていたら音量ボタンのみをそのまま押し続けてください。ホーム画面が表示されれば、音量ボタンも離して問題ありません。

「何をしてもだめ…」故障の可能性がある

これまで紹介した方法を試してみても、iPhoneが再起動できない場合は、故障の可能性があると考えられます。

お手持ちのiPhoneが、製品保証の期間内かを確認してみましょう。保証期間内であれば、正規店での修理が無料もしくは割引になることがほとんどです。

正規店には、Apple Storeや正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ、ビックカメラなど)があります。Appleの研修を受けたスタッフが、純正品を使って修理する店舗です。

ただし、正規店では修理に予約が必要で、修理完了までに時間がかかることがあります。また、データが全て消去されて返却されるため、修理に出す前にデータのバックアップを取っておく必要があります。

保証が切れている、もしくは早く修理したいなどの事情があれば、非正規の修理業者に依頼するのもおすすめです。データはそのままで返却されますので、バックアップを取る必要はありません。最短で即日修理が可能で費用も安く、予約も取りやすいのがメリットです。修理業者を選ぶときには、自分が納得できる業者を選びましょう。できるだけ、厳しい基準をクリアした総務省登録修理業者を選ぶと安心です。

まとめ

iPhoneが使えなくなってしまうと、不便さを感じる場面がとても多くなっています。再起動できない状態になったら、ここで紹介した対処法を一度試してみてください。あらゆる手段を試しても状況が変わらなければ、修理を検討しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!