今さら聞けない!スマホ紛失対策、その1(iPhone版)

iPhoneを探すアプリ画像

iPhoneを購入して基本の設定が終わったら、まずやるべきこと。

これは「紛失対策」です。

簡単なので、まずはApple IDを登録してから始めましょう。

まずは「iPhoneを探す」アプリをダウンロード

iPhoneを探すアプリアイコン画像

『App Store』アプリを起動します。

『iPhoneを探す』というアプリを検索、インストールしましょう。

iPhoneを探すメニュー画像

アプリを起動すると、Apple IDとパスワードの欄が出てくるので、

登録したApple ID、パスワードを入力します。

地図画像

地図が表示されて、iPhoneの現在地が表示されたらOKです。

これでiPhoneでの設定は終わりです。

【ご注意】必ず以下の3点のスイッチはONにしてください。

  • 「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」のスイッチ
  • 「プライバシー」→「位置情報サービス」→「位置情報サービス」のスイッチ
  • 「プライバシー」→「位置情報サービス」→「iPhoneを探す」のスイッチ

iCloudを使ってパソコン・タブレット側で設定する

次は紛失時に備えてパソコン(タブレット等)側の設定をします。

これはiCloudを使って設定します。

iCloudサインアップ画像

続いてパソコンでブラウザを立ち上げ、Apple社のクラウドサービス『iCloud』に接続します。

ここでも先ほど入力したApple IDとパスワードを入力してログインします。

iPhoneを探すアイコン画像

出てきた『iCloud』の画面内の『iPhoneを探す』というアイコンを選びます。

先ほど入力したものと同じパスワードを再度入力してください。

iPhoneの場所画像

ログイン後、地図が表示されてiPhoneの現在地が表示されたらOKです。

やってみると意外と簡単ですよね!

次はiPhoneで実際に紛失した時の流れを確認しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー