iPhoneをバックアップできない原因とおすすめの対処法4選

iPhoneを使う上でバックアップは重要です。故障や買い替えの際にもバックアップデータがあれば、スムーズに対応できますよね。しかし、いざバックアップしようとするとうまくいかないケースもあるようです。

今回はiPhoneのバックアップがうまくできないときの原因や対処法について解説します。

iPhoneをバックアップできない原因とは

iPhoneのバックアップの手段はふたつあります。ひとつ目はiCloudを利用する方法、ふたつ目はiTunesを利用する方法です。バックアップできない場合の原因はそれぞれ異なるため、手段ごとに確認していきましょう。

 

iCloudにバックアップできない

iCloudでのバックアップはWi-Fi環境を利用してバックアップを行う方法です。バックアップできない原因として、iPhoneがWi-Fiにつながっていないというケースが挙げられます。基本的なことですが、接続状況をまずは確認してみましょう。

iCloudバックアップができない場合、もっともよくある原因がiCloudの容量不足です。「iCloudストレージの空き容量が不足しています」という表示が画面に現れるため、すぐ分かるでしょう。iCloudはもともと5GBの容量が無料で使えますが、それ以上の大きさのデータのバックアップは有料となっています。

iCloudのバックアップがうまくいかない場合はWi-Fi環境や、空き容量をチェックするのがポイントです。

iTunesにバックアップできない

iTunesでのバックアップはPCと接続してバックアップを行う方法です。Mac、WindowsどちらでもiTunesがインストールされていればバックアップできます。

この場合に考えられる原因として、iTunesのバージョンが古いことが挙げられます。また、iPhone本体のiOSのバージョンが古い場合にもバックアップできないおそれがあります。

稀ですがPCにインストールしているセキュリティソフトが干渉し、バックアップがとれないケースも考えられます。

さらに考えられる原因として、PCの容量が足りないケースも挙げられます。バックアップされたiPhoneのデータはPC内に保存されますが、空き容量がないと保存ができません。

また、iTunesバックアップではケーブルを利用してiPhoneと接続するため、ケーブルや接続部分の不具合という物理的な原因がある可能性も考えられます。

iTunesバックアップがうまくいかない場合はPCやiPhoneのバージョン、PCの状態などを確認するのがポイントです。

iPhoneをバックアップできないときの4つの対処法

iPhoneをバックアップできない場合、まずは以下の4つの方法を試してみましょう。

 

iCloudの容量を増やす

iCloudの容量不足が原因でバックアップできないときには、容量を増やすことで解決できます。方法はふたつあるので、ひとつずつ確認していきましょう。

ひとつ目はiCloudストレージを無料から有料プランへアップグレードする方法です。5GBまでは無料でストレージを利用できますが、それ以上は有料プランとなります。「高い使用料がかかるのでは?」と不安になるかもしれませんが、50GBで130円、200GBで400円と比較的お手頃な値段です。今後さらにデータが増えていくと予想されるのであれば、有料プランへ切り替えることをおすすめします。

ふたつ目は、iCloudストレージ内の不要なデータを削除し、容量を増やすという方法です。「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージを管理」と進むとバックアップ項目を選ぶ画面が表れます。それぞれのアプリが使用している容量も表示されているため、バックアップ項目を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。バックアップをとる必要がないアプリはオフにして、ストレージの空き容量を増やします。

Wi-Fi環境を確認する

iCloudバックアップがうまくいかない場合、きちんと接続しているかWi-Fi環境を確認してみましょう。

接続はされていてもバックアップできない場合には、環境が不安定な状態なのかもしれません。その際はほかのWi-Fiネットワークで試してみるとうまくいくことがあります。

また、バックアップしているけれど、あまりに時間がかかっている場合もWi-Fi環境が安定していない可能性があります。この場合にも同じようにほかのWi-Fiネットワークで試してみるのがおすすめです。

最新バージョンにアップデートする

iOSやiTunesのバージョンが古い場合はアップデートすることで症状が改善することも考えられます。

iOSでのアップデートはiPhoneの「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から確認しましょう。最新のiOSがある場合には、そのままアップデートが開始できます。

一方、iTunesのアップデートはWindowsとMac、それぞれの場合でやり方が少し異なります。

Windowsの場合、iTunesを開き、ウィンドウの上部分にあるメニューバーから「ヘルプ>更新プログラム」を開き、最新バージョンが提供されている場合はアップデートを開始します。

Macの場合はAppStoreを開き、ウィンドウ上部分の「アップデート」をクリック、最新バージョンが提供されている場合は「インストール】をクリックすればOKです。

バージョンをアップデートしてもバックアップができないときはiTunes内の不用なデータを削除しましょう。

セキュリティソフトを一時解除する

iTunesアップデートでセキュリティソフトが邪魔をして、アップデートができないと予測される場合は「hosts」ファイルを確認してください。AppleやiTunesのサーバーが弾かれていたら、セキュリティソフトを一度解除してみましょう。

iPhoneが認識されない、エラー表示が出る、iTunesそのものを開くことができないなどの症状はセキュリティソフトが原因となっているかもしれません。

とくに、初めからPCにインストールされているものではなく、手動でセキュリティソフトをインストールしている場合、その可能性が高くなります。ソフトの機能を一旦解除し、バックアップを試してみることをおすすめします。

iPhoneをバックアップする際に気をつけるポイント

iPhoneをバックアップする際、注意したい点、気をつけたい点について解説していきます。

必要なデータだけをバックアップする

「iCloudに自動バックアップ」の設定にしている場合、写真や動画などのデータであっという間にストレージがいっぱいになってしまうことがあります。

これらのデータはiCloud以外の方法でバックアップを取ると良いでしょう。PCやメモリーカードなどにバックアップする方法もあります。GoogleフォトやAmazonPhotosなどのクラウドサービスを利用する方法もあるため、いくつか分散してバックアップしておくとより安心です。

AppleIDやパスワードを忘れない

うっかり忘れてしまうのがAppleIDやパスワードです。これらはバックアップをとる際や復元を行う際などに必要になる場合があります。忘れてしまったときのために、メモを残しておきましょう。

どうしてもバックアップできないときは専門業者に相談する

ここまで紹介した方法のいずれでもバックアップができない場合には、iPhone本体に問題や不具合があるのかもしれません。基盤不良や劣化を引き起こしていたりする可能性も考えられます。

このようなときは専門業者に修理を依頼しましょう。スマホステーションなら原因の分からない不具合にも最短で即日対応が可能です。バックアップができないトラブルにも高い技術とサービスを持ったスタッフが対応します。ぜひスマホスピタルをご利用ください。

まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー

スマホ修理サービスへのサービス説明

スマホ修理サービスに関する、ご案内ページをまとめたリンクとリンク先の説明になります。
  • スマホ修理サービスTOP

    スマホ修理サービスのTOPページになります、スマホ修理サービスの説明ご利用方法・スマホ修理料金の確認方法のご案内等をしています。
  • スマホ修理料金を調べる方法

    お客様のスマホ修理料金を調べるまでの、STEPをまとめています、お客様の修理対象のスマホの機種名/型番等を調べてスマホ修理料金が調べられるようなSTEPになります。
  • スマホ修理のご依頼の方法とフロー

    スマホステーションにご依頼する方法とご依頼から返却までの流れを説明しています、修理依頼方法は店舗持ち込み修理と郵送でのご依頼をご用意させていただいております。
  • スマホ修理サービスのよくあるご質問

    スマホ修理サービスについて、よく有るご質問をQ&A方式にて掲載しております。Q&Aをご確認いただき後に、不明点がある場合についてはお問い合わせいただければと思います。

スマホステーション修理店舗一覧

スマホステーションのスマホ修理対応可能な店舗の、地図へのリンクと駅からのおおよその距離になります。 iPhone・Android全機種スマホ修理はお任せください!