今さら聞けない!スマホ紛失対策、その2(iPhone版)

lost-phone

では、実際にiPhoneを紛失してしまった場合の流れを確認します。

事前準備については、前回の記事をご覧ください。

iCloudで端末の位置を確認

まずはパソコンからiCloudに接続し、IDとパスワードを入力します。

SS 2015-02-27 7.16.37

そして「iPhoneを探す」アプリをクリックします。

iPhoneを探す

起動したら、地図が表示されるので

上部の「マイデバイス」から自分の端末を選択します。

iPhoneの場所

すると地図上に緑の丸が表示されます。

近くまで探しに行けるようなら行ってみましょう。

アラームを鳴らして確認する

アプリの端末写真の下に「サウンド再生」メニューをクリックすると、

最大音量でiPhoneからアラームが流れます。

「紛失モード」を設定する

それでも見つからない場合は、「紛失モード」に設定しましょう。

誰かが拾って連絡をしてくれるかもしれません。

端末下のメニューから「紛失モード」をクリックします。

そして連絡のつく電話番号を入力します。

(この電話番号が紛失したiPhoneに表示されます)

次へをクリックすると、メッセージを入力できます。

「紛失しました。連絡ください」など、オリジナルのメッセージを画面上に表示できるので

拾ってくれた人から連絡があるかもしれません。

入力したら「完了」を押すと紛失モードに設定されます。

「iPhoneの消去」は最終手段

※「iPhoneの消去」を実行すると端末上の「iPhoneを探す」も消去されますので、

iCloudから探すことができなくなります。ご注意ください。

「iPhoneの消去」を選択すると、ダイアログが表示されますので、

「消去」を選択します。

次の画面でAppleID、電話番号を入力し、

データ消去するiPhoneに入れるメッセージを入力します。

「完了」を押すと消去が実行されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー