失敗しないiTunesとの同期方法のまとめ

iPhoneを使っていく中で、皆さんが苦労しているのがiTunesの利用方法だと思います。

突然、データが消えてしまったなんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は、iCloudがあるので、データを消失してしまう危険性が減ったと思いますが、

それでもiTunesを利用する際は不安がよぎると思います。

それでは、iTunesとiPhoneの同期に関して説明をいたします。

同期というのは、簡単に言えば、異なる端末の情報を同じ状況にすることになり

同じ状況にするということは、、、どちらかが主体になるということになります。

2つを組み合わせて、使いやすくしてくれればいいのですが、

なかなか思い通りにいかないことがあります。

では、主体はどちらかというと、iPhoneではなく、iTunesになります。

普段利用しているのは、iPhoneですが、主体はiTunesになるため、

何も準備せずに同期をしてしまうと、空のiTunesの情報がiPhoneに移ってしまいます。

これが、iPhoneのデータが消えたという現象を起こしてしまう原因になります。

対策としては、iPhoneをiTunesに接続した後、

同期をする前にiTunes左のツールバーの接続したデバイスの上で右クリックをします。

(写真を参考にしてください。)

写真のように表示されたメニューで、「バックアップ」と「購入した項目を転送」を実行します。

これで、iPhoneの中身はすべてiTunesに移ったことになります。

万が一、データが消えてしまっても復活することができます。

補足ですが、CDからiTunesに取り込んだ音楽データなどは、

「購入した項目を転送」で移動しないため、

音楽の入っていないiTunesと同期すると消えてしまいます。

「購入した項目を転送」で移動するのは、

iTunes Store もしくは App Storeで購入したコンテンツになります。

したがって、CDから取り込んだデータやパソコン内の写真と同期している場合、

他のパソコンと同期をすると消えてしまいます。ご注意ください。

スマホステーションでは、面倒なデータの移動や

古い連絡先と新しい連絡先の結合などのサービスも実施していますので、

お気軽にお声掛けください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマホの故障すぐ修理しますバナー